2016年10月11日

人生の約束

「人生の約束」

テレビドラマ「池中玄太80キロ」シリーズ
などを手掛けたらしい、テレビ演出家の
石橋冠が、78歳を迎えて初めて劇場映画を
作りたいとメガホンを握ったドラマ。
TSUTAYAレンタル。

”ホーランスイター”
”イヤサー”

(祭りの掛け声ね)

あらすぢ
江戸時代から約350年続く
富山県の曳山(ひきやま)まつり。
根っからの仕事人間だった
主人公の中原祐馬(演:竹野内豊)が
全てを失い、かつての親友との約束を
果たそうとする中で自分を見つめ
直していく姿を描く。
新興IT企業CEOで会社の拡大にしか
興味のなかった祐馬は、元共同経営者で
親友でもあった航平から無言の留守番電話
が入っていることに気付き、胸騒ぎを覚えて
航平の故郷の富山県・新湊を訪れる。
しかし、航平は既に亡くなっており、
かつて航平に対して会社から追い出すような
仕打ちをした祐馬を、航平の遺族は
怒りをもって出迎える。そんな中、
航平の忘れ形見の少女・瞳は、祐馬に
ある頼みごとをする。

************************

テレビドラマ界の生き字引らしき方の
撮った映画なので、初監督のようなんだけれども
演出の実績はダテじゃなく、画もきれい。
話もなんの意外性もなくカチっと進む。
とってもよくできた富山観光協会の
PRビデオって感じ。
あるいは優等生な映画製作例。

タバコを吸うシーンにフランス映画の
”さらば友よ”に似た演出もあって
この監督はたぶんヨーロッパ映画大好き人
なんだろうな、とか思った。

主役の竹野内豊は、まあ豊さん。
おヒゲが少々うざい気もしました。
この前に、シン・ゴジラでの
ご活躍を見たので・・。

そして地元の若者?の声代表役に
漁師にして青年団団長、江口洋介
役づくりで頭をイガグリにして頑張ります。
この前に、ドラマ”ディナー”での
ご活躍を拝見してたんで・・。
事態打開のため、ここらで
何かやってくれるもの、と
ひそかに楽しみにしていたのだが
今回はただ苛立っている男でした。

有能な秘書役に優香
結婚おめでとう。

地元の女漁師役に小池栄子
キャスティングの意味がちょっと
よく解りませんですけども。

美少女コンテストで優勝したらしい
高橋ひかる”の初出演作品。
初めて見た顔だが、若かりし頃の
富田靖子の雰囲気が。

西田敏行がいい。
人生は無くしてから
 気がつくことばかりだわ〜


立川志の輔ビートたけし
出番が少々唐突だったかな。
ドリーこと室井滋が出演したのは
彼女がキトキトの魚だからでしょう。
柄本明も・・シン・ゴジラでの殉職を
観ちゃったからなあw
ここは、ソーリ、ご決断を!

人生の約束 (豪華版)(本編DVD+特典DVD)

音楽も良かった。
ホント富山に旅行に行きたくなるよ。

「人生の約束」オリジナル・サウンドトラック
ワシントン広場の夜はふけて(試聴可能)

人生の約束

監督:石橋冠
脚本:吉本昌弘

出演者:
中原祐馬 - 竹野内豊
渡辺鉄也 - 江口洋介

沢井卓也 - 松坂桃李
大場由希子 - 優香
藤岡小百合 - 小池栄子
富樫美紀 - 美保純
渡辺美也子 - 市川実日子
渡辺瞳 - 高橋ひかる

近藤陽介 - 立川志の輔
西村好子 - 室井滋
武田善三 - 柄本明
検事 - 千葉哲也

岩瀬厚一郎 - ビートたけし

西村玄太郎 - 西田敏行


制作会社:5年D組

製作会社:「人生の約束」製作委員会

配給:東宝

公開:2016年1月9日

上映時間:120分

************************
管理人モチーベーション維持のため
クリックしていただけますと助かります!
  ↓ ↓ ↓
e8c67347.gif

続きを読む
posted by PON at 21:37| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(サ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月01日

シン・ゴジラ(観賞済み)

「シン・ゴジラ」

キャッチコピー「現実 対 虚構

公開三日目の日曜。
地元のシネコンにて一家で観賞。
英題の「GODZILLA Resurgence」
resurgenceとは
【名】〔中断の後の〕再開、復帰 復興、復活、再生
なんだって。

ベースは短編”巨神兵東京に現る”。
んで主役を巨神兵からゴジラに入れ替え
自衛隊SIM映画といえば・・
やっぱパトレイバー2THE MOVIE風味で
エヴァを上から振りかけたら・・
あら”シン・ゴジラ”
昔の漫画”神の獣(けもの)”のエッセンスも?)

あらすぢ
東京湾で大量の水蒸気が噴出するという現象が起き、
同時に海底を通る東京湾アクアラインでもトンネル
崩落事故が発生する。これを受けて政府では緊急会議
が開かれ、事故の原因を海底火山や熱水噴出孔として
対応を進める。その際、ネットの動画で事故の様子を
確認していた矢口蘭堂内閣官房副長官(長谷川博己)
は、未知の巨大生物が海底に潜んでいるのではないか
と疑問を呈するが、証拠もなく一笑に付される・・

************************

真のカイジューとは
アンノ監督その人だった。
もうやりたい放題で・・。
でも面白かった。
本当に怖いカイジュー映画だった。
きちんとゴジラによる死者も描写している。
(ゴジラ映画では初めてなんではないか?)
つまり、シン・ゴジラとは
怪獣映画の名を借りた災害映画なのだが
こんなジャンルにありがちなのが
困難が愛を育てる、とか
結局、愛がすべてを救うんだ・・といった
一種の幻想・・っつーか余計な恋愛シーンが
一切無かったのに好感度大。

無茶苦茶忙しいはずの
長谷川、竹野内、石原の面々が
突然、合流してしかも屋上や
モノレール基地とかで
遠い目しながら日本の将来について
議論を交わすシーンだけは
あんたら・・話なら会議室や煙草ルームなんかで
できるだろ?と思わなくもなかったけど
まあ無問題。

S.H.モンスターアーツ シン・ゴジラ ゴジラ (2016) 約180mm PVC製 塗装済み可動フィギュア

以下、少々ネタバレあります。







それにしても、ほんとに人をくった
(びっくりさせる)演出が
大好きなんだなぁアンノ監督。
ゴジラの最初の上陸シーンなんかホントに
その最たるモン。
定形を崩した先の面白さを
求めているんでしょうね。

かの幼少形態なんか
唐津とか長崎のお祭り”くんち”を
思い出しちゃった。
さあ、お祭りが始まるぞ!って感じ。

今作のゴジラは、生物は食わないようだ。
個人的に”生きながら喰われるってのが
最悪の死に方”だと思うので、
その方面での恐怖は心配せずともよかったけれども
それにも増して”真の怖さ”ってヤツあ
生殺与奪をもつ圧倒的な存在なのに
こちら側からはまったくコミュニケーション
不能な状態であって
何考えているのか全然見当つかない奴が
こちらを凌駕する攻撃力を持っている・・
その点では充分な恐怖だった。

シン・ゴジラ音楽集

ネットの考察で思わず唸らされたことがある。
今回のゴジラは完全生物ってことなんで
”耳”を持っていない。
”耳”とは本来、敵から逃げられるように
周囲に張り巡らせた”センサー”なんであって
完全生物(≒最強)たるゴジラに耳は不要と。

その完全生物って実は今のニッポン人の
メタファーなんじゃないかと、ある人は考察しているのだ。
別にニッポン人=最強って意味じゃなくって
音楽なり、スマフォなり(ポケ○ンG0でもいいや)に
集中して周囲に気を使わなくなっている
われら日本人そのものなんだと。
周囲に気を遣わず(そもそも興味がない)ので
そこに人が居ようと建物があろうと
突撃してゆくし、一朝、攻撃を受けたらば最後
相手が死ぬまで(たとえ死んじゃっても)
徹底的攻撃する。アンノ監督は非寛容社会の
日本人そのものを描きたかったんじゃないかと。
うーーん。

でもこんなつぶやきもありましたよ。
”シン・ゴジラの考察している人たちへ
 また20年間を無駄にすることになるゾ”
には激しく同意しました(笑)
そこら辺は確かに自戒しましょうかね。

で、映画に戻りますと・・
まず、3.11時の政府対応のまずさに対する皮肉が効いてる。
原発事故の時は、いつまた爆発するかもしれない現場へ
注水のため、悲壮すぎる覚悟とともに出撃した
重機群があったけども後半、まさにあれを観ているようだった。

頭のいい政府お抱え学者は
有””者会議にて、口々に難しい言葉の
言い回しで(要は責任取りたくないから)
決定的な発言は避け、
「調べてみないと解りません」という
小学生でも言える内容を異口同音に回答。
しかも何かあれば「想定外」だ。
これってなんかデジャビュと思えば
やっぱフクイチの原発事故そのものなんだな。
いつだって「不用意な発言はパニックを招く」と
誰かが必ずホザクから国民まで話が届かない。

(週刊誌で読んだんだけど
 フクイチの事故の時、全在日イギリス人に向かって
 英国科学アカデミーのような頭のいい集団から
 メールが来たらしい。
 今回の爆発はチェルノブイリとは性質が違う。
 都内なら2〜3日室内に籠っていれば問題なし。
 慌てて国外脱出する必要はない、と。
 そうだよ、あの時我々が欲しかったのは
 そんな情報だったんだよ。
 おい聞いてっか?フルアーマーえだ○んとか、
 空き缶とか)

閑話休題。

それでも漸く設立される対ゴジラ対策委員会
巨大不明生物対策委員会
彼らがこれから行う大仕事の割には
あまりにささやかな発足式で
主人公はスタッフに向かって訓辞を垂れる。

「いいか、ここにいるのは
 それぞれ能力を持ちながらも各省庁で
 オタク、変人、奇人、ハミダシ者と
 称される人たちばかりだ。
 だがこのような非常識な状況は
 我々のような者にしか対処できない・・」
(意訳)

自分には一番笑えたところ
(二番目はJRの大爆笑爆発)
たぶんこの言葉は、アンノ監督の本音なんだと思う。
これまでファンとして怪獣映画を楽しみ
仕事に反映するにしても
せいぜい自分の作品でパロディーにするくらいしか
できなかったクリエイターたちが
良くも悪くもゴジラを作り続けてきた
大御所たちが引退したり亡くなったりしたんで
スポンサーに金を出させて
ようやく表舞台で好き勝手に作る環境が整った。
だからこそのアンノ監督大暴れなのです。

自衛隊(というか近代兵器)の描写にも驚き。
昔はゴジラの着ぐるみの周囲を
とにかく派手に爆発エフェクトするだけ。
人類側の流れ弾が周囲を破壊しまくり
いったいどっちが敵なんだかわからない状態だったが

精密誘導攻撃は全弾、ゴジラの頭部に命中。
電子技術の進歩と自衛隊の訓練のたまもので
武蔵小杉の街並みそのものに
直接の被害はほとんど確認できず。

自衛隊の兵器群にMLRSという
ロケット兵器があるんだけど
GPS誘導弾で射程が160キロくらいあるのかな。
だから本来はワザワザ目標の
そばにいなくてもいい兵器なのです。
劇中では無線からの報告だったけれども
彼らは御殿場から武蔵小杉へ撃ち込んだらしい。
しかも全弾。
昔のゴジラ映画だったら、ニギヤカし
ゴジラの足元に置いておいたでしょうな。
長距離兵器ですら。

それと10式戦車や高機動戦闘車が走り回ること。
戦車の履帯(キャタピラ)とは
道なきところへ道を持ち込むシステムなんだなあと
見つけたり。
それと戦車の機動(どう動くか)ってのは
写真じゃわからないな。やっぱ動画ですよ。
昔のドイツ軍のように戦車は鈍重ってイメージでいると
確実に時代に置いて行かれること必定だ。
って誰にむかって書いてんだって話。

それと、アンノ監督お得意の明朝体による
説明テロップが、若干うざく感じ始めてきたころ
内閣対策会議シーンに
”里見農林水産大臣は外遊のため欠席”とまで
テロップが出てきたので、それはさすがに
あまりにイラなすぎる情報なのでは?
思っていたのだが・・見事にやられました監督。

今回のゴジラは光線や放射能ゲロwなんかで
街を破壊するため、自分の中に存外
ゴジラの肉弾攻撃による破壊活動シーンが
意外なくらい印象に残らなかったかな。
それでもモンノスゴイ破壊活動だった。

自衛隊の方々の中には
ガメラ映画でも奮戦されてた面々が
ちらほら見えたようだったな。
詳細はまだ精査していないが。

監督お抱えの音楽家”鷺巣”さんが
クレジットされているのはわかるけど、
まさかあのシーン(作戦会議で)で使われるとはね。
感服しました。その選曲はやりすぎじゃない?

それとJRグループは全然まったく非協力作品。
それはおそらく未来永劫、これからもw。

ゴジラFinalWarsなる作品を作っちゃった
どこかの人は・・本作をどんな気持ちで
観るんだろう。おそらく観ないだろうし
観たところで自分を揺るがすことは
決してないでしょうけども。

次作は・・あれじゃあ作れないなかなあ。
まさか”シン・アンギラス”とかが出現しちゃって
怪獣プロレス世界へ戻すわけにも
いかないだろうし・・あるとすれば
ガメラでいえばギャオスのように
ゴジラが単性生殖して大量発生した世界での話とか?
そうなればいよいよガメラVSゴジラって線も
ありかも知れない?

また観たいな。今度は4Dでか(笑)

河野太郎氏のツイッターより。
シン•ゴジラには、有明にある
本物のオペレーションルームが出てきます。


シン・ゴジラ考察


『シン・ゴジラ』
(英題: GODZILLA Resurgence)

監督:
庵野秀明(総監督)
樋口真嗣(監督・特技監督)
脚本:庵野秀明

出演者:
キャストは総勢328名が出演

矢口蘭堂(内閣官房副長官):長谷川博己
赤坂秀樹(内閣総理大臣補佐官):竹野内豊
カヨコ・アン・パタースン(米国大統領特使):石原さとみ
大河内清次(内閣総理大臣):大杉漣
東竜太(内閣官房長官):柄本明
志村祐介(内閣官房副長官秘書官):高良健吾
尾頭ヒロミ(環境省自然環境局野生生物課課長補佐):市川実日子
財前正夫(統合幕僚長):國村隼
西郷(戦闘団長):ピエール瀧
花森麗子(防衛大臣):余貴美子
里見祐介(農林水産大臣→内閣総理大臣臨時代理):平泉成
国土交通大臣:矢島健一
総務大臣:浜田晃
文部科学大臣:手塚とおる
警察庁長官官房長:古田新太
警察庁刑事局局長:モロ師岡

音楽:鷺巣詩郎/伊福部昭
製作会社:東宝
配給:東宝

公開:2016年7月29日
上映時間:119分
製作国:日本
前作:ゴジラ FINAL WARS

************************
管理人モチーベーション維持のため
クリックしていただけますと助かります!
  ↓ ↓ ↓
e8c67347.gif
posted by PON at 23:35| 神奈川 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画(サ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月01日

SUPER8/スーパーエイト

「SUPER8/スーパーエイト」

二年前位になるだろうか。
TSUTAYAでレンタル解禁とともに
観劇しながら記事にせず、ずっと眠らせていた作品。
眠らせて・・といってもワインみたいに
熟成待ちといったわけもなく
観劇の結果、記事を書く気も起きなかった、と
いうあたりがコトの真相かと。

あらすぢ
1979年の夏。主人公のジョーはオハイオの
小さな町で父親と2人暮らしをしていた。
ある夜、親に内緒で家を抜け出し、親友5人
と駅舎で8ミリ映画の撮影していた時、
列車の脱線事故に遭遇する。混乱の中で
偶然にも、8ミリカメラは大破した列車から
飛び出してくる“何か”を映し出していた。
やがて現場に到着した軍は、何者かに
極秘情報が知られてしまったと、大規模な
捜索を開始する。現場から逃げ帰ったジョー
たちは、誰にも言わないと誓い合うが、
その日から町では不可解な事件が次々と
起き始めた…。

SUPER 8/スーパーエイト ブルーレイ&DVDセット [Blu-ray]

************************

「スター・トレック(リメイク版)」で
PONの信用(なんぼのもんじゃい)を得た
J・J・エイブラムスの作品。
結構楽しみにしていたんだけれど。

J・J・エイブラムスが大尊敬しているらしい
スピルバーグとタッグを組んで、
やったことといえば、
スピルバーグの代表作「E.T」を
リ・イマジネーションしたったという感じ。

以下、早々にネタバレです。

おなじ少年冒険絵巻(ジュブナイル)映画で
ありながら・・

E.T」は、決してカワイイとは
言えない外見の、不本意ながら地球に残った
エイリアン。子供の曇りのない目で
応接してみたら友好的で大変イイ奴でした。
よかったね、というお話だったけれども、

「SUPER8」のエイリアンときたら、
不本意ながら地球に取り残され、いろいろあって
活動再開。子供の曇りのない目で
応接してみたところで、こっちは
お友達になるにはかなりキビシイ奴だった、
というオチ。

スーパー8/ エイリアン バスト

あれだけ街中で大暴れして
人間を虐殺しておきながら、
しかも脱出後の食糧難を考慮して
人間をさらっては地下のアジトに
食料として保存するような奴
いまさら
この御仁、実はかわいそうな知的生命体でーす、
とか言われてもなあ(苦笑)

もちろん「SUPER8」のエイリアンが
大暴れしたのにもワケがあって
”人類側の対応に問題がありすぎだった”
というのが主因。

アメリカ政府の研究所に囚われ
さんざんっぱら、生体実験の材料にされ
薬ヅケにもなっていた様子。
そこへ、輸送中の列車事故で貨車から脱出
これまでのウップンを怒りに変え
目につくものすべてを千切っては投げ・・
とにかく暴れていた、というものらしい。

話的は一応ジュブナイルなんで
作り手としては、何とかして
主人公の少年たちがエイリアンとアクセス。
心温まるエンドに持ってゆかなければならぬ。
主人公の奮闘や秘密兵器で
エイリアン撃滅エンド、だったら
単にその辺のB級怪獣ものになってまうから。

最終的に”心温まる交流”となるならば
少年たちは、とにかくカイジュー仕様で
暴れるエイリアンと
なんとか接触の機会がないと困る。

でもさ、ここのエイリアン。
「E.T」は”ブサイク”で済むが
あれは昆虫的”グロテスク”だ。
体の大きさなんかは、もはや怪獣。
そんなカイジューが大暴れの現場で
さらにエイリアンと交戦している
(というよりは証拠隠滅のためバカスカ撃ちまくる)
米軍の攻撃もある。
一介の少年たちがエイリアンに接触するには
ハードルが高すぎるのです。


いくら好きな女の子がエイリアンに
さらわれたとはいえ
(理由は”食料”として)
ダントツで危ない。
”ボクらにはムリ!
 アメリカ軍、後はお任せしました”
で、逃げてもバチは当たらないと思う。
っつーか実際に、一介の少年には
それしか選択肢はないでしょ。

ダコタ&エル・ファニング―ALL ABOUT THE CHARM OF FA (NEWS mook)
これが好きな娘

少年たちの仲間の何人かは
いろんな理由でエイリアンの傍にいて
バクハツやらエイリアンの攻撃やらで
吹き飛ばされています。
何故かみんな無事なんだけどね。

んで、最後・・
もともと武器も持たない少年たちは
エイリアンの猛烈な攻撃力に成すすべもなく
米軍や科学者たちはまるで頼りにならず、
超自然的なスーパーヒーローもいない。
万策尽きたその時、
なんと少年たちの必死のお願いが「神」じゃなくて
「エイリアン」に通じてしまうのです!って
センで幕。

エイリアンが宇宙へ去っていった後
証拠隠滅に必死の国をしり目に
少年たちは、手元に残った今回の騒動の
お宝SUPER8(=8ミリカメラ)画像を元に
彼らが作りたかった映画を作り上げ
本来の日常生活に戻ってゆくのでした。
小さな恋も成就しつつ。

SUPER8/スーパーエイト
Super 8

監督:J・J・エイブラムス
脚本:J・J・エイブラムス
製作:スティーヴン・スピルバーグ
    J・J・エイブラムス
    ブライアン・バーク
製作総指揮:ガイ・リーデル

出演者:
ジョエル・コートニー
エル・ファニング

音楽:マイケル・ジアッキーノ
撮影:ラリー・フォン
編集:メリアン・ブランドン/メアリー・ジョー・マーキー
製作会社:バッド・ロボット・プロダクションズ
      アンブリン・エンターテインメント

配給:パラマウント映画
公開:アメリカ 2011年6月10日
上映時間:112分
製作国:アメリカ

************************
管理人モチーベーション維持のため
クリックしていただけますと助かります!
  ↓ ↓ ↓
e8c67347.gif
posted by PON at 20:13| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(サ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月24日

サマータイムマシン・ブルース

「サマータイムマシン・ブルース」

NHKBSで放映してたので録画鑑賞。
誰もが連想する通り
やっぱ西武ドームの女王のあの曲を
もじってのことなのでしょうね。
もともとは舞台劇らしい。
映画事体はもう10年以上前なのだった。

美里うたGolden BEST

あらすぢ
「SF研究会」のだらしない部員達に起こる
ドミノ倒しコメディ。前日にクーラーのリモコンが
壊れてしまい猛暑の中ぐったりしてる
部員達の前に突然タイムマシンが出現する。
昨日に戻り、クーラーのリモコンを取ってこようと
思ったメンバー。しかし、タイムトラベルが
面白くなった面々は、過去の世界でフザけたこと
ばかりする。そんな中、過去を変えると
"今が消えてしまう可能性"がある事を知った。

************************

よくあるタイムマシンもの。
イントロは登場人物の紹介も兼ね
文化系サークルにありがちな
だらけた、無目的な夏休み生活を
ただ淡々と描く。
よーく見てみると、突然シーンが飛んだり
不思議なカット、モノの動きなんかもあるけれども
初見の一回はスルーするしかない。
しかし、映画を観終えた後に
もう一度見直してみると、非常に細かいところまで
タイムマシーンがもたらした過去の
改竄の影響が見て取れる。
この確認作業は非常に面白かった。

サマータイムマシン・ブルース スタンダード・エディション (初回生産限定価格) [DVD]

じっくりと、論理的にこの映画を観れば
タイムスリップ物にありがちな
矛盾や論理破たんが、物語で
巧妙に回避しているらしい。
自分はそこまでじっくりと観るような
元気も能力もないけれど。

「タイムマシンには年と日付の目盛りしかない」

監督の本広克行さん、どこかでこの作品に
ついて語っていたけれど
この人「うる星やつら2 ビューティフルドリーマー
リスペクトな人なんだとかで
「セミが鳴き響く夏休み
 永遠に続く仲間とのバカ騒ぎ」を
描きたかったんだとか。

あー解るわー。

うる星やつら2  ビューティフル・ドリーマー [デジタルリマスター版] [Blu-ray]

(現存すればの話だけど)
ここからは100%、うる星マニアに
向けて発信しますけど
アニメ版うる星の後期(120話代〜)は
真っ青な夏、鳴き狂うセミといった舞台装置の中
あたるたちがなんか騒いでいるハナシが多かった。
そしてそんな空気感が、ジブン好きだったのだけれども
空気感といえば”究極超人あ〜る”もそうかな。

主人公の瑛太はまあいいや。
最近はあんまりお見かけしないけれど
大ブレイクしていた頃の上野樹里。
たしかに可愛い。
そしてもう一方のヒロイン真木よう子。
こちらも若いし、なにより綺麗だ。
二人ともなぜか写真部の最後の部員で
あまりに勢力が小さいので
暑苦しい、瑛太達のSF研究会と
ほぼ一緒くたにされてしまっているという設定。

そしてSF研究会の三馬鹿。
”与座嘉秋””川岡大次郎””ムロツヨシ”
与座嘉秋なんか久々に顔を見た。
といっても10年前の映画だけどね。
たしか昔お笑いコンビやってたと思うけど。
なかなか面白かったけどな。解散したのかも。

そして、大学の万年助手で
スキでもないSF研究会の顧問をやらされている男に
佐々木蔵之介。
この人が思った以上にツカエナイ男
呼ばわりされていて笑えた。
しかし本人も気が付いていないが
おそらくこの騒動の真の黒幕ナンだと思う。

本広克行カントクはこのほかにも
「UDON」「曲がれ!スプーン」を手掛けているが
(UDONは観た。スプーンは途中で寝ちゃったw)
あれらと世界観がつながっているので
この映画のキャラたちが、あっちでも
チョイ役で出演しているらしい。

サマータイムマシン・ブルース

監督:本広克行
脚本:上田誠
製作:堀部徹/泉英次/藤巻直哉/高野力
製作総指揮:阿部秀司

出演者:
瑛太
上野樹里
与座嘉秋
川岡大次郎
ムロツヨシ
永野宗典
本多力
真木よう子
佐々木蔵之介

音楽:HALFBY
主題歌:Tommy heavenly6「LCDD」

撮影:川越一成
編集:田口拓也
配給:東芝エンタテインメント

公開:2005年9月3日
上映時間:107分

************************
管理人モチーベーション維持のため
クリックしていただけますと助かります!
  ↓ ↓ ↓
e8c67347.gif
posted by PON at 21:26| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(サ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月24日

そして父になる

「そして父になる」

ずいぶん前にTSUTAYAでレンタル。
その後にはBSのNHKだかでも
放映していた。
”産院で息子を取り違えられてしまった”
家族の物語。

そして父になる DVDスタンダード・エディション

あらすぢ
野々宮良多(福山雅治)と妻みどり
(尾野真千子)の間には6歳になる一人息子
慶多(二宮慶多)がおり、家族は幸せな
日々を過ごしていた。
そんなある日、慶多を出産した病院から
「重要なお知らせがある」と呼び出される。
出生時に子どもの取り違えが起き、実の
息子は慶多ではなく、斎木家の琉晴
(黄升R→横升火玄)だというのだ。

************************

"いいから俺に黙ってついてコイ型"の
エリート人生まっしぐらな主人公(演:福山雅治)。
そんな彼に人生最大にして初めての瑕疵ができた。

自分のような勝ち組になってほしいと
大事に育ててきた息子に
まさかの「産院取り違え」が発覚。

青天の霹靂。
それでも有能な彼は、ただちに
友人の同じくエリート弁護士に連絡を取って
とるべき事態処理を着々と進める。
でも、心のどっかで自分に原因があるわけ
ではないから

何で俺がこんな目に・・
道理で・・(最初の息子は)
 習い事をやらせても、昔のオレみたいに
 目から鼻に抜けるような反応がないと
 思ってたんだ、俺の血じゃないからな」

という気持ちがつきまとい
本人も隠しているつもりでも隠せなくなってくる。

いつの時代、どんな子供であっても
親の感情には敏感で忠実であるから、

「ボクはお父さんは僕のことイラナイんだ」と
インナースペースに籠もるようになる。

取り違え先の家族は
福山家から電車や車で1時間くらいの
自営業の電気屋。これが福山雅治視点だと
自分たちのは正反対の、見事なまでな
底辺一家。

底辺一家の父親はリリーフランキーが演じ
その父親もフクヤマ視点から見れば
完全に負け組なはずなのだが
何故かフクヤマ自身が営む家族よりも
充実して家庭内の空気も明るい。
母親は元ヤンの要素満載で
真木よう子がピッタリハマってる。

個人的には福山雅治の妻役である
尾野真千子よりも真木よう子のほうが
いいなあ・・なんてどうでもよい感想も
あるけれども、それはひとまず置いておいて。

エリートフクヤマは、弁護士とともに
はじめて訪問した、リリーフランキー家に
遺伝子的につながっているハズの
我が息子を見つける。
これがまたガッカリ。”氏より育ち”か、
見た目はガッシリ系なのだが
時折見せるアタマの回転の速さや
ガツガツ感はたしかに自分の血を感じる。

いきなり子供を交換するのもナンだから
まずは何回か相互訪問を繰り返し
そのうちショートステイに移行
なんとなくツカめてきたら、そのうちに・・と。
そこから始まる父母息子周囲の人間
ひとりひとりのリアクションが描かれる。

ネタバレすると、
取り違えの原因は人為的なもので
人生に嫌気がさした看護師が
あまりに恵まれている福山家に腹が立ち
犯行に及んだもの。
えらいメーワクな話だ。
火サスあたりならこの犯人を中心に
ドロドロとしたドラマが繰り広げられそうだけど
この映画では、犯人はあんまり
重要視されていない。
やはり父と子の物語なのだ。

この映画、何かにつけ様々な場面で
フクヤマセレブ一家と
リリーフランキー底辺一家が比較される。
子供達の遊びの象徴として
ゲームでもその比較が出てくるが
フクヤマ一家の主力機が任天堂Wiiなのに対し
リリー家では、まさかの”ゲーム&ウォッチ”
(ダブル画面のドンキーコングだったかな)

今日日、ゲーム&ウォッチの方が入手困難だぞ。

任天堂 ゲーム&ウォッチ ドンキーコング(DK-52)
・・売ってやがるw

(あー、書いてて今思った。フクヤマパパは
 何にも考えず最新機種をたぶんトイザらスあたりで
 購入するけれど、リリーフランキー父ちゃんは
 地方幹線道路サイドによくあるリサイクルショップで
 あまり気にせず入手したんだと思う・・そうかそうか)
 
そして父になる
LikeFather,LikeSon

監督:是枝裕和
脚本:是枝裕和

出演者:
野々宮良多:福山雅治
野々宮みどり(良多の妻):尾野真千子
斎木ゆかり:真木よう子
斎木雄大(ゆかりの夫):リリー・フランキー
野々宮慶多(良多の息子):二宮慶多
斎木琉晴(雄大の息子):黄升R
宮崎祥子:中村ゆり
野々宮大輔(良多の兄):高橋和也
鈴木悟(弁護士、良多の友人):田中哲司
山辺真一:井浦新

撮影:瀧本幹也
編集:是枝裕和
配給:ギャガ
公開:日本 2013年9月28日
上映時間:120分
製作国:日本

************************
管理人モチーベーション維持のため
クリックしていただけますと助かります!
  ↓ ↓ ↓
e8c67347.gif
posted by PON at 20:25| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(サ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月12日

ジュラシックワールド

「ジュラシックワールド」

【Amazon.co.jp限定】ジュラシック・ワールド スチール・ブック仕様ブルーレイ&DVDセット [Blu-ray]

あらすじ
イスラ・ヌブラル島で起こった「ジュラシック・パーク」
の惨劇から22年後、インジェン社はマスラニ・グローバル
社(マスラニ社)に買収され、島はサイモン・マスラニ
社長の所有に渡る。マスラニ社は、故ジョン・ハモンドが
夢見たテーマパーク「ジュラシック・ワールド」を
実現させ、今や世界中から毎日二万人の旅行者が
訪れる人気の観光施設として成功を収めていた。

パークの運営責任者のクレア・ディアリングは、
訪ねてきた甥のザックとグレイに構う間もないほど
多忙な日々を送っていた。クレアは二人をアシスタント
のザラに任せ、オーナーのサイモンと遺伝子操作に
よって生み出された新種のハイブリッド恐竜
インドミナス・レックスについて話し合う。
サイモンは、インドミナスを飼育するための防壁が
適当かどうか、ヴェロキラプトル(ラプトル)の
調教師であるオーウェン・グラディに評価させるよう
命じた

・・で結局また恐竜が大暴れ。

************************

パニック映画なんだから、そうならないと困るんだけど
主人公たちが路頭に迷い、恐竜にチェイスされるまでの
プロセスにまずウンザリ。
余計な時に双方がチャチャを入れ
まずい方向を選択しまくる兄弟・・。
特に馬鹿アニキのほうには軽く殺意を感じる。

思春期真っ盛りで女の子にキョーミ深々。
そんなんだから自分たちの家族が
バラバラになりつつあることを自覚していない
馬鹿アニキと
そんなアニキに、そろそろ大人になれ
”恐竜(=オタク業界)から卒業しろ、
と言われ始めてる小学校高学年の弟。
なのに実はアニキよりずっと冷静。

この主人公兄弟が恐竜ドタバタを通して
絆を取り戻してゆくんだろうなあ・・と。

兄弟の実母もキャリアウーマンで
彼女の妹なんか更にやり手。
今回の悲劇の舞台である恐竜テーマパーク
”ジュラシックワールド”の雇われ司令官。
この二人も今回の騒動を通して
双方ともおざなりにしてきた姉妹と家族の
ありがたさを再確認するんだろうな。

そんな事を思いつつ前半をつらつらと流す。

なんと前作(JW3)から20年も経ってるんだって。
前々作で出てきた、見世物小屋から財を成し
恐竜をこの世によみがえらせた男、
ハモンドから経営権など一切を引き継いだ
CEOのもと
”恐竜テーマパーク ジュラシックワールド”は
すでに正式稼働している模様。

そんな正式稼働している”恐竜テーマパーク”の
園内ご紹介シーン。
どんなに技術が進んでも
アトラクションに並ぶ人たち、ってのは
解消できないんだなあと、
某ネズミーランドを思い出し
要らぬところに思いをはせたり。
(1日の入場者2万人だって)

恐竜の脱走と悲劇というやつは
本作で、さすがに四度目!
登場人物や末端の警備員たちまでもが
障害発生の報に
「またかよ!」なんて言葉が飛び出す。

以下、少々ネタバレ。

モササウルスが水族館における
クジラやらイルカやらと同等の扱いを受けている
シーンがあるのだが、おそらく制作者は
そのイメージのビジュアル化こそ
最大の製作動機ナンじゃないかと思われ。

そしてシリーズ新機軸として
ゾンビ映画にもそんな映画があった気もするけど
”恐竜との間に信頼関係、友情は成立するのか?”

今回の敵はもう行くところまで行っちゃって
遺伝子工学が生んだもはや”怪獣”です。

1作目:一作目なんで衝撃でした。
    ジェフとサムが同時に出た。
2作目:T-REXがアメリカ本土で暴れる話
    ジェフ・ゴールドブラムだけがでた。
3作目:プテラノドンのイメージばっかり。
    サム・ニールだけがでた。
4作目:本作

1>4>2・・・・>3の順かな。
自分は結構楽しみました。

・・後出しじゃんけんだけど
このパークも安全管理に問題ありだと思う。
まず、モンスター恐竜の飼育檻は
初めから二重三重に壁つくっとけ。
店の奥とか地下には最悪を想定して
シェルターを作っておくべき。頼むよ。おい。

LEGO (R) ジュラシック・ワールド

ジュラシック・ワールド
Jurassic World

監督:コリン・トレボロウ

脚本:
リック・ジャッファ
アマンダ・シルヴァー
コリン・トレボロウ
デレク・コノリー

原作:
マイケル・クライトン (キャラクター原案)

製作:
フランク・マーシャル
パトリック・クロウリー

製作総指揮:
スティーヴン・スピルバーグ
トーマス・タル

出演者
クリス・プラット
ブライス・ダラス・ハワード
ジュディ・グリア
ローレン・ラプクス
ジェイク・ジョンソン
ジョディ・リン・ブロックストン
ヴィンセント・ドノフリオ
ニック・ロビンソン
ケイティ・マクグラス
B・D・ウォン
ブライアン・ティー
イルファーン・カーン
タイ・シンプキンス

音楽:
マイケル・ジアッチーノ
撮影:
ジョン・シュワルツマン
編集:
ケビン・スティット

製作会社:
ユニバーサル・ピクチャーズ
アンブリン・エンターテインメント
レジェンダリー・ピクチャーズ

配給:
ユニバーサル・ピクチャーズ
東宝東和

公開:
2015年6月12日(米)

製作国:
アメリカ合衆国

************************
管理人モチーベーション維持のため
クリックしていただけますと助かります!
  ↓ ↓ ↓
e8c67347.gif
posted by PON at 21:00| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(サ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月22日

ストレージ24

「ストレージ24」

テレビ初公開だって。
英国製映画なのだけど
ドンパチモンスターものが
嫌いじゃないハズの米国で
興行成績がほぼ過去最低を記録したらしい。
いったいどんな最低映画なんだと。

ストレージ24 [DVD]

あらすぢ
 倉庫に閉じこめられた上、謎の生物に
襲いかかられる人々を描く、シチュエーション・
スリラーとサバイバル・スリラーをミックス
したホラー作品。脚本と監督はヨハネス・ロバーツ、
出演はノエル・クラークとコリン・オドナヒュー。
軍用貨物機が墜落し輸送中の極秘兵器が
ぶちまけられたことにより、ロンドン市街は
未曾有のパニックに陥っていた。そのころ貸倉庫
“ストレージ24”を訪れていたチャーリーと
ジェリーは、停電により建物内に閉じこめられて
しまう。

************************

紅の豚に日○航空
魔女の宅急便にはク○ネコヤマトが
協賛企業だったけど
いまのニッポンでコレ作るとしたら
ストレージ24には加○倉庫あたりだろうか?

ストレージ24の題は惨劇?の起きる舞台のことで
要は24時間営業の倉庫と。
イギリスでも貸倉庫業が流行っているのかな。
でも日本のように余ったコンテナを
空き地にぼーーんとおいて、はい貸倉庫〜
てなわけではないらしく、こっちのほうは
殺風景で安普請そうではあるが、
一応屋根もあるし、管理人もいるし、
監視カメラもあるし、んでもってユーザーは
24時間出入り可能なシステムであるらしい。

そんなところに、映画冒頭、謎の輸送機が
墜落する。輸送機のエンジン破片が
自慢のクルマを直撃してパーになり
”わーぉなんてこったい!”なんて
文字通りお手上げする人がいたり、
いかにもむこうの映画風な描写も見られるが
登場人物が事態の深刻さに気が付くまでの
最後の平和な時間。

謎の輸送機は謎のコンテナを
謎輸送していたようで
大方の予想どおりの物体が入ってました。
これはもうお約束です。ハイ。
謎の物体?はみんなの倉庫”ストレージ24”に
ひそかに潜り込み、
・・そして、末端の登場人物から
ひとり消え、二人目が死体で発見され・・と
お約束の展開が続きます。
基本、お化け屋敷映画なんで、夜分の視聴ならば
音量は控えめにした方がいいかも。

以下、ネタバレに近いです。

映画はダブルヒロイン制で
サブヒロインらしい
ローラ・ハドックは、まあ可愛い。
白人によくいる大味な美人だ。

しかし・・なんつーか役柄的にも
ビジュアル的にもヒドイ
(感情移入がまったくできない)のが
アントニア・キャンベル=ヒューズ。

あんなムーミン顔がドヤっとばかりに
縦横無尽に人間関係をひっかきまわし
一致団結が大事な時に不協和音だしまくる。
ムーミン、おまえこそ正体は
宇宙人が送り込んだ人間爆弾ならぬ
人間地雷”だったんじゃないか?

結局、ストレージに侵入した謎の存在とは
誰もがご存じ、地球侵略に来た
宇宙人だったワケで
火事場の馬鹿力でモンスターを倒し
ストレージの外に出た主人公たちの

眼前に広がっていた驚愕の風景とは!?
(めちゃイケ風なヒキで)

なるほど、さすがのアメリカ人でさえも
食いつかなかったワケだ。
PONは食いついちゃったけれど(笑)

原題:Storage 24
製作年:2012年
製作国:イギリス

配給:クロックワークス
上映時間:87分

スタッフ
監督ヨハネス・ロバーツ
脚本ノエル・クラーク
  デビー・フェアバンクス
  マーク・スモール

キャスト
ノエル・クラーク
コリン・オドナヒュー
ネッド・デネヒー
アントニア・キャンベル=ヒューズ
ローラ・ハドック

************************
管理人モチーベーション維持のため
クリックしていただけますと助かります!
  ↓ ↓ ↓
e8c67347.gif
posted by PON at 21:58| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(サ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月15日

新幹線大爆破(再々観賞)

「新幹線大爆破(再々観賞)」

新幹線大爆破 [DVD]

NHKプレミアムで定期的にやってる
プレミアムシネマ枠。
洋の東西、新旧問わず
セレクションが面白いので
時々録画してみている。
これもその放映されたひとつ。
小学生のころ、物凄くコーフンして
観たのを思い出す。
高倉健、って名前も存在もこの映画で
知ったんだよなあ。当時。

あらすぢ
「俺たちは、誰も殺さない
 誰も傷つけない、そんな完全犯罪を
 めざしてきた、だけどッ」
健さんが・・社会に向けて
たまりにたまった怒りを
バクハツさせる!
(当時の)国鉄全面非協力!
そらそーだ。
************************

東京駅の地上ホームから
横須賀線色の113系、しかもグリーン車の
側面にはグリーン帯。

Nゲージ 10-195 113系1500番台横須賀線色基本 (8両)

当時の国鉄全面非協力ってんで
東京駅出発を待つ新幹線109号の姿とか
おそらくホームで直撮りのゲリラ撮影と思われ。
(その場面だけ画質が悪い)

CTCの説明が素敵。
”新幹線は各車両ともコンピューター頭脳を装備し
 強制的にブレーキがかかるようになっている”
すごい説明だなおい。
コンピューター頭脳ですぜ。頭脳。頭脳パン。

まだ日常の範囲内で新幹線は新横浜駅を通過。
”西松建設”なんて看板が輝く。
(PONは昔、新横浜を拠点に営業してたんで
 あのカンバンには少々なじみがあるのです)

ひかり109号をめぐる陣容としては
運転士:世界の千葉真一
副運転士:小林稔侍
新幹線運転室指令:宇津井健
国鉄総裁:志村僑
警視庁公安一課:丹波哲郎
たまたま現場に乗り合わせた
鉄道公安官なんか港署のゴリさんである。
なんて素晴らしい危機管理体制なんでしょう。
これなら昭和の日本は安泰だ。

乗客は社内でタバコ吸ってる!!

事態を乗客が飲み込んで社内は東映パニック。
社内に数台しかない公衆電話に長蛇の列。
某大手商社の営業マンは通話する順番を
聖徳太子をちらつかせて買収しようとしたり
(こんな時にも買い占めか!なんてヤジが飛ぶ)
臨月なのに無理して移動しようとするから
”お客様の中にお医者様はいらっしゃいませんか?”
の事態になったり。

そんななか、日蓮宗の一行は集団で席について
団扇太鼓たたきまくり、状況改善に
全く関わろうとしない、が
あの状況で素人い何かできるわけでなく
パニックになったり煽ったりしないだけマシか。
別の意味でウルサイけど。
あの太鼓の集団は東宝のパニック映画
”首都消失”にも
あったけれど興行成績に影響でもあるのかな。
いかにも東映風のパニック描写には
少々ウンザリ。

新幹線じゃなくって山手線大爆破だったら
とりあえず終点はなくってよさそうな感じだと思った。
でも常時時速80キロ以上ってのは難しそう。

Bトレインショーティー 新幹線 0系 16両フル編成セット

そもそも犯人は・・
田舎から出てきたが使い捨てされた若者、
そのものずばり、学生運動家くずれ、
そして零細企業の悲哀を存分に味わった
元経営者の健さん。
以上の三名は、体制に押し潰されるかのように
犬死してゆく。

特に健さん。
映画の作り手が学生運動に共感する世代だからか
悲愴感いっぱいのなか
警察に背中から銃撃され
ストップモーションとともに倒れる。
あと少しで乗れるはずだった
飛行機を目の前にして。

昔は感動しながら観たもんだけど
警察が、あそこで鉄砲を使うのは
いかがなものかと思った。
健さん、別に武装しているわけじゃなし
人質がいるわけでもないのにな。

************************
管理人モチーベーション維持のため
クリックしていただけますと助かります!
  ↓ ↓ ↓
e8c67347.gif
posted by PON at 22:55| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(サ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月01日

ザ・スパイダースのゴーゴー向う見ず作戦

「ザ・スパイダースのゴーゴー向う見ず作戦」

ザ・スパイダースのゴーゴー・向う見ず作戦 [DVD]

NHKBSで放送。
あまりいいシュミじゃないといわれそうだけど
映画そのものよりも”昭和の香り”を求め
ひとまず録画鑑賞。

あらすぢ
健の恋人チノが素人歌謡コンクールで
優勝した時、チノは司会者の質問に、
まだ恋人はいないがあらゆる障害を
越えて自分の所へ直進してくる人がいたら、
求愛を受入れる、と答えた。
チノは気が弱い健を励ますために
そう言ったのだった。ところが、横浜で
テレビを見ていた順や昭知たちの七人組
の若者たちが、チノの言葉に発奮して
東京に向って一直線に行進を始めたので
ある。彼らは喫茶店の大ガラスを破り抜け、
車の行き交う交差点を進んで六重衝突を
起こさせ・・。

************************

ザ・スパイダースという名前も
ゴーゴーという掛け声も
そもそも題名に”作戦”がついちゃって
”向う見ず”という言葉のセレクトも
すべてが昭和。

ザ・スパイダースっていえばGSブームを
ささえたグループであること、
堺正章や井上順が所属していた事くらいは
知ってた。
特に自分は堺正章版の”西遊記”が大好き
だったので全然違和感がない。
それとマチャアキがいつも使う
いらない人、井上順”って
定番ギャグ?もスキでした。

ザ・スパイダースのリーダーだったらしい
田辺昭知って、後に、ときどきテレビの
スーパーで見ることがある芸能事務所
”田辺エージェンシー”の社長だって。
”田辺エージェンシー”の所属芸能人といえば
筆頭がタモリ、そして研ナオコ、由紀さおり、
永作博美、んで、堺雅人、あとリップなんとか。

(詳しくはWiki先生を)

今でいえば、先日の大騒動で
大いに株を下げてしまったジャニーズ所属の
SMAP、キムタクが引退後のお仕事として
芸能事務所を立ち上げ、
成功してしまったようなものか。

そうそう、話はつまりスーパースターとなり
貴族の倦怠感のようなものを持て余す
ザ・スパイダースの面々が
(一応、可愛い女の子のため)
横浜から東京までとにかくマッスグ進むことを
決意、巻き起こる大騒動って話。時々歌入り。
それ以上でも以下でもないです。

ザ・スパイダースが進撃するのは
横浜から東京までだというのに
ロケの都合でしょうけれど、結構関係ない
ところも歩き回ります。

PONがおお!?と思ったのは
京王線(府中か調布あたり)の踏切を
渡るシーン。バックを走るは
京王線のイメージを刷新した
5000系(それもピカピカの)が
快走していたところ。
ヒゲ付きだったような気もするのですけど、
この映画公開は1967年。
ものの本には昭和43年(1968年)頃から
徐々にヒゲ付き5000系は
無くなり始めてきた・・ということなんで
有っても無くても、どちらでも有り得るが
気もち、ヒゲ付きを見かける割合の方が多い
とかいう、映画とは無関係な結論。

▽【トミーテック】鉄道コレクション 京王帝都電鉄5070系2両セット(京王電鉄・京王)TOMYTEC鉄コレ120127

そもそも5000系のヒゲって何よ?
の方に・・
「鉄道模型・色差し三昧」ブログより。

ザ・スパイダースのゴーゴー向う見ず作戦

製作国: 日本
製作年: 1967
配給: 日活

スタッフ
監督: 斎藤武市
脚本: 倉本聰/才賀明
撮影: 山崎善弘
音楽: 小杉太一郎
美術: 中村公彦
編集: 近藤光雄
録音: 高橋三郎

キャスト(役名)
田辺昭知(昭知)
井上孝之(孝之)
井上順 (順)
堺正章 (正章)
大野克夫(克夫)
かまやつひろし(ひろし)
加藤充 (充)

山内賢 (健)
松原智恵子(チノ)
イーデス・ハンソン(女房)
林家こん平 (間男)
柳家金語楼 (健の父)

************************
管理人モチーベーション維持のため
クリックしていただけますと助かります!
  ↓ ↓ ↓
e8c67347.gif
posted by PON at 20:21| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(サ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月14日

スーパーマン(78年版)

「スーパーマン(78年版)」

スーパーマン 劇場版(初回生産限定スペシャル・パッケージ) [Blu-ray]

もうすぐ「バットマンVSスーパーマン」が
公開されるんで息子に基礎理念を
マスターさせようと。レンタルしてくる。
でも残念ながら日本語吹き替え版はなく。
(できれば
 クラークケント=ささきいさおVerを
 希望しているのだが)

それにしても「バットマンVSスーパーマン」。
いっちゃナンだけど
どちらかの息の根が止まるまで
ガチンコバトル・・じゃなくって
雨降って地固まる、パターン、もしくは
二大巨頭が何かを目論んでいて
そのためひとまず敵味方とも欺いてバトル!

おそらくはそんな展開なんじゃなかろうか。
というより、それしかできないでしょ。
そうでない展開、見せてほしい。

昔の東宝映画「キングコングVSゴジラ」のように
ガチバトルの挙句、両者リングアウト負けとか、
東宝の「マジンガーZ VS デビルマン」
みたく、そもそも戦わない!とかいうセンも?

おお、そうだった。クリストファーリーブ版の
「スーパーマン」の話でした。

あらすぢ
クリストファー・リーヴ主演シリーズ4作品の
第1作。
故郷の惑星クリプトン星から少年時代を過ごした
田舎町スモールヴィル、そしてデイリー・
プラネット社の記者クラーク・ケント/
スーパーマンとして活躍する都市メトロポリス編
の3幕構成になっており、スーパーマンの誕生から
宿敵レックス・ルーサーとの対決までを描く。

************************

PON小学一年生の時
田舎の映画館に連れて行ってもらった奴。
それまで真っ赤なマントに赤パンツの
「スーパーマン」なんてダサさの象徴。
もう散々に使いまわされて全然”うまみ”なぞ
残ってない・・そんな作品だったのですが
(今でいえば黄金バットとか月光仮面?)
そんな思いがこの映画で吹き飛びました。
・・子供心にもヒロインが若干おばさん臭いなぁ
(TVの吹き替えでは声を中原理恵だし)
とか感じたりもしましたけれど

まずはオープニング。
CGなんて単語をほとんどの人が
知らなかった中でのあれ。
水色透過光のロゴが宇宙のかなたから
画面手前に飛んでくる。
ジョン・ウイリアムスのあの勇壮な曲とともに。
人によっては(我が家の三歳の娘もそう)
スターウォーズのテーマと間違えてしまう
そんな曲。

と、ここまで書き進んでみて
なんか昔に記事にしたことがある気がする〜と
検索した結果、やっぱ似たようなこと
書いてました。なので以下省略します。

2005年09月29日の記事
「スーパーマン」


スーパーマン
Superman


監督:リチャード・ドナー

脚本:マリオ・プーゾ
デイヴィッド・ニューマン
レスリー・ニューマン
ロバート・ベントン
原案:マリオ・プーゾ
原作:キャラクター創造
ジェリー・シーゲル
ジョー・シャスター
製作:ピエール・スペングラー
製作総指揮:イリヤ・サルキンド

出演者:
マーロン・ブランド
ジーン・ハックマン
クリストファー・リーヴ

音楽:ジョン・ウィリアムズ
撮影:ジェフリー・アンスワース
編集:スチュワート・ベアード
マイケル・エリス

配給:ワーナー・ブラザーズ
公開:米国 1978年12月15日
   日本 1979年6月23日
上映時間:135分/144分(ビデオ)
154分(ディレクターズ・カット版)
製作国:アメリカ

************************
管理人モチーベーション維持のため
クリックしていただけますと助かります!
  ↓ ↓ ↓
e8c67347.gif
posted by PON at 21:04| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(サ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月24日

センター・オブ・ジ・アース

クリスマスですな・・。
マスライです。

************************

「センター・オブ・ジ・アース」

これまた先日、TV東京の
「午後のロードショー」にて放映。

東京ディズニーシーの人気アトラクションを
映画化したものである模様。
なら「パイレーツオブカリビアン」や
「ホーンテッドマンション」のようなもんだろ?
子供が喜ぶのではあるまいか?
そう思って長男(9歳)と録画観賞。
そしてそれは正解でありました。

あらすぢ
地底世界を目指していた兄マックスが、突如
消息を絶ってしまう。それから10年後、
弟・トレバーは兄の遺志を継いで大学教授に
なるが、生徒不足などが理由で研究室が閉鎖の
危機に。そんなある日、トレバーはマックスの
妻・エリザベスが彼女の息子でショーンを
連れて家にやって来て、10日間彼を預かって
ほしいと告げられ、同時に兄の遺品が入った
ダンボール箱を渡される。その中にあった本
ジュール・ヴェルヌの『地底旅行』には
兄の謎のメモが残されていた・・。

************************

そんなバカなって展開だらけですけれども
小説から派生したこの映画で
子供たちが楽しい冒険旅行のひとときを
楽しめるのであれば
ジュールベルヌも本懐でしょう。

「インディージョーンズ」シリーズよりも
さらにお子様に安心しておススメできる映画。
ロコツなセクシャルシーンやグロ描写なぞなく
何より・・死人が出ません。
(先行して死亡が確認される
 お兄さんの遺体すら描写されません)

スミマセン、未だディズニーシーには
行ったことがないので
詳しくはよく判りませんが
たぶん、シーのアトラクションは
ジェットコースターみたいなもんで
その流れをもう少し色濃く丁寧に描いたの
でしょうね。



閉じ込められる→洞窟探険
→(無意味なw)トロッコレース
→落下→地下のロストワールド探険
→海でのバトル
→(こどもが大好きな)飛び石
→人食い植物との戦い→恐竜との戦い
→壁を壊すためのハラハラドキドキ
→んで、どっかーん→はい終了

子供の夢(地底探険ゴッコ)が
うまーく詰まっていた90分間。



この映画は”よい子”ならびに
昨今のおバカ過ぎるクレームに
いい加減うんざりして、放送映画のネタに
困っている地上波TV映画番組の
プロデューサーにおススメです。

センター・オブ・ジ・アース
Journey to the Center of the Earth

監督:エリック・ブレヴィグ
脚本:マイケル・ウェイス
   ジェニファー・フラケット
   マーク・レヴィン
製作総指揮:
トビー・エメリッヒ
ブレンダン・フレイザー
マーク・マクネア
トリップ・ヴィンソン

出演者:
ブレンダン・フレイザー
ジョシュ・ハッチャーソン
アニタ・ブリエム

音楽:アンドリュー・ロッキングトン
撮影:チャック・シューマン
製作会社:ニュー・ライン・シネマ
     ウォールデン・メディア
配給:ワーナー・ブラザーズ/ギャガ
公開:日本/2008年10月25日
上映時間:92分

************************
管理人モチーベーション維持のため
クリックしていただけますと助かります!
  ↓ ↓ ↓
e8c67347.gif
posted by PON at 22:21| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(サ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月21日

スターウォーズ フォースの覚醒

観た!観ましたよ!
スターウォーズ フォースの覚醒

公開初日じゃーないけれども
先日、映画館へ足を運んでしまいました。
もちろん、例の件があったので
「T0H0シネマズ」系列じゃありません。

ストレートに面白かった。

あらすぢ
スターウォーズ第六話「ジェダイの帰還」の続き。
(2D・字幕版を観賞)

************************

絶賛上映中なんで・・
いかな当ブログとはいえ、ネタバレ等
内容詳細は記述しないでおきます。

んで、うちの家族といえば、
妻は、シリーズを全然観たことが無い。
長男は以前に「新たなる希望」の
吹き替え版だけ観た(つーか観せた)。
長女は2歳だから、これはもう論外。

かように頼りない陣容。

ガンダムでいえば、ファースト観ていないのに
Zガンダムを観に行っちゃうようなもん。
ダイジョーブかぁ?と
結構、不安があったけども
結論から言えばうちの家族は皆
大いに楽しんだようで
それは大変けっこうでありました。

時間にして2時間20分くらい。
長女は2歳の割に最後まで騒ぐこともなく
私(PON)の抱っこで静かにしてた。
そろそろ寝るかなあ・・と期待していたんだけど
スターウォーズっていうくらいだから
開始早々、ドンパチをはじめちゃう
帝国軍にビックリして起きてしまい
以後ずっと起きてる始末。
でも曲がりなりにも彼女が静かだったのは
フォースじゃなくてポップコーンの
貢献度
が大だったと思う。
彼女いわく
「おっきなコレ(スクリーンのことらしい)が
 楽しかったね〜」とのことで
それはそれはでした。

長男の方は「新たなる希望」以外
さほど観る気が無かった様子だったのに
急に三部作を見たくなった様子。
映画館を出てから、よくわからなかった
キャラの背景や、描写をひとつひとつ
父(PON)に聞いておりました。
あ、奥さんもSWシリーズに
かなり興味が湧いたようで、息子と共に
三部作を観る決心がついたようです。

アナキンがダースベーダ―になる
三部作の方は、自分的にあんまり面白くないし
スグに観る程ではないと判断してますので
とりあえず家族から再度要望があれば
その時また検討します。

「内容詳細は記述しないでおきますよ」
とか書いていますけど・・そうですね。
現時点で書けることといえば
「R2−D2」というキャラの立った
りっぱな先達がいるというのに
なんで新キャラアンドロイド「BB−8」が
出てきたのかなと、ちょっと思ってたんですけれど
端的にいえば「R2−D2」だと
あんなスバヤく逃げ回れないから、という
主に演出上の都合か。
案外そんなところが理由のような気も。



昔は一兵卒のヤラレ役に過ぎなかった
ストームトルーパーも
今回は意外にスポットが当たります。
そのストームトルーパーも
ヘルメットデザインが多少変わったり
(新デザインの方が好感持てる。
 昔のデザインだと「ニッカリ」と
 笑っているみたいだったから)
それに彼らにも色々と内情があるという点は
面白かったかな。



あと監督の「J・J・エイブラムス」
この人、解かってる。
ほんとマニアの気持ちが解かってる。
間違えてアメリカに生まれてしまった
ニッポンのオタク
って感じ。

彼が手がけた作品としては
監督じゃないけど「アルマゲドン」
制作で「クローバーフィールド/HAKAISHA」
監督の「スター・トレック2009」
「SUPER8/スーパーエイト」
「スター・トレック イントゥ・ダークネス」
ミッションインポッシブルも関連してる
ようだけど、個人的にそれほど
MIは好きじゃないのでスルーします。
スター・トレック2009とクローバー〜は好き。

スターウォーズが好きな人は
こんなところで書かなくっても
すでに劇場へ行かれているでしょうが
なにかの弾みで、まだ劇場へ行ってない方へ。
今回のSWは当たりです。

でも・・4DX版じゃなくって良かった。
多分、観終わった頃には
もの凄くグッタリしていたと思う。

スター・ウォーズ
エピソード7 フォースの覚醒

Star Wars: The Force Awakens

監督:J・J・エイブラムス
脚本:ローレンス・カスダン
   J・J・エイブラムス
   マイケル・アーント
製作:キャスリーン・ケネディ
   J・J・エイブラムス
   ブライアン・バーク
出演者:
ハリソン・フォード
マーク・ハミル
キャリー・フィッシャー
アダム・ドライバー
デイジー・リドリー
ジョン・ボイエガ
オスカー・アイザック
音楽:ジョン・ウィリアムズ
撮影:ダン・ミンデル
編集:メリアン・ブランドン
   メアリー・ジョー・マーキー
製作会社:ルーカスフィルム
     バッド・ロボット・プロダクションズ
配給:
ウォルト・ディズニー・スタジオ・モーション・ピクチャーズ

公開:アメリカ/日本2015年12月18日
上映時間:136分

************************
管理人モチーベーション維持のため
クリックしていただけますと助かります!
  ↓ ↓ ↓
e8c67347.gif

続きを読む
posted by PON at 22:00| 神奈川 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画(サ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月23日

STAND BY ME ドラえもん

「STAND BY ME ドラえもん」

藤子・F・不二雄生誕80周年記念作品
だとかで先日、テレ朝で地上波初放映。
スネ夫の髪型が立体になった場合、
どうなるのか、よーく判りました。

あらすぢ
東京の郊外に暮らす運動オンチで勉強も
できない少年、のび太。ある日、22世紀から
子孫であるセワシがドラえもんと一緒に
タイムマシンでのび太を訪れる。
のび太が作った借金が原因で、セワシのいる
代まで迷惑をこうむっていたのだ。そのため
セワシは、のび太のために世話係のネコ型
ロボット・ドラえもんを連れてきたのだった。
こうして、のび太はドラえもんと暮らすこと
になり……。

************************

うーんと・・ですね。
昔からドラえもんを
読み続けてきた身からすれば
ほぼ新しい発見とかは無くって
(唯一、物語の発端となった
 ドラえもんの鼻に関する機構だけ)

ドラえもんとの出会いと別れ
(てんとう虫コミックス1巻と6巻)の合間に
のび太としずかちゃんの恋愛面
(考えてみたら斬新かもしれない)を軸とし
これまでも単発には
映画化してきた、原作ドラえもんの
高評価エピソード
「のび太の結婚前夜」とかを
セレクトしてCG映画化した・・
そんな内容でした。

「ドラえもん」をまったく知らない
お子様が、初めてドラえもんを知るには
いいスタートキットかも・・。
それとドラえもんという名前は知ってるが
実はあんまりマジメに観たことが無かった
女性だったら泣く人もいるかもしれない。



長いシリーズをダイジェスト化する事は
そのシリーズを愛している人ほど
もの凄く大変な作業になることは
容易に想像がつくけども
それでも、ある程度は突き放して観る目を
持たないと簡単にゴミとなる。
その点ではこの作品は成功例だと思う。

さすがにイイ年した野郎(当方44歳)が
泣くほどじゃあなかった。
でも息子(8歳)は結構感動していたので
それでヨシです。



************************
管理人モチーベーション維持のため
クリックしていただけますと助かります!
  ↓ ↓ ↓
e8c67347.gif

続きを読む
posted by PON at 12:12| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(サ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月26日

人類資金

「人類資金」

この空はつながっている・・

解約してしまった日本映画専門チャンネルだが
時々実施している客寄せの”無料放送”にて
放映していたので録画観賞。
ポリティカルやエコノミック
サスペンスドラマって奴は
映像化するに監督に相当の力量がないと
寝ちゃうんだよなあ・・とも思い
原作が亡国のイージスの福井晴敏なんで
ちょっと期待もするという・・複雑な心境で
観はじめたのだが・・やはり最初の二回は
気がつくと寝てしまっていた。
ってなわけで三度目の正直。

あらすぢ
終戦後、ひそかに回収されたというM資金と
呼ばれる旧日本軍の秘密資金。それをネタにした
詐欺を行い続けてきた真舟(佐藤浩市)は、
石(森山未來)という青年から彼が所属する
日本国際文化振興会なる財団の人間に会うよう
迫られる。だが、財団のビルに足を踏み入れた
瞬間、高遠(観月ありさ)が率いる防衛省
秘密組織の一団に襲撃される。石の助けを
借りて逃げ出した真舟は、そのまま
本庄(岸部一徳)という男に引き合わされ、
50億円の報酬と引き換えに某投資ファンドが
管理する10兆円ものM資金の奪取を持ち掛けられる。

************************

この手合いの映画を観て
登場人物の物言いとか行動、行動事由なんかが
理解できなかったりすると
”オレの読解力が不足してるのかな?”とか
”やっべ、今の主人公の行動が理解できないオレは
 敵にバカにされる大衆側の人間だ・・”とか
妙に卑屈になりがちなPONだったりします。

が、少なくともこの映画に関しましては、
ご安心ください。
誰もがさっぱり理解できない内容
仕上がっています。
理解できないのは、観客の頭が悪いのではなく
作品の出来が悪すぎなのです。
理解できなくて当然なのです。

いったいどの辺りが
出来が悪すぎるのか?詳細に解説されてる
ブログがこちら(ネタバレ上等)


この作者の世界は”亡国のイージス”も
そうだったけど、ポリティカルやエコノミック
あるいは軍事サスペンスということで、
出てくる人物誰もがスゲー組織をバックに持ち
不必要過ぎるほどの深刻な過去を背負い
もの凄い技術を持ちつつ
やらなくてもよい余計なニッポン革新を
断行したり、止めようとしたり、
暗殺したりされたり、と
我ら凡俗達のすぐ裏で暗闘を繰り広げており
それがとっても通常営業なようで厭すぎる。

そんな、感情なんて1ミリも入り込めないような
業界に、びっくりするくらい
”青臭い理念”や”理想論”

(もうほとんど中学生レベルの理想論に近い)
現れて物語を動かしてゆくのだ。

「亡国〜」の方は、たかが大学の卒論で
自衛隊員の子息が「戦えない軍隊なんて
軍隊ではありません」と書いたことから
始まった事だし
この「人類資金」も、ネタバレしちゃうけど
日本の裏社会で代々”M資金”を運営してきた
一族の一番若い奴(スマップの慎吾ママ)が
単なる投機マネーに堕落してしまった
”M資金”のありようを嘆き、”M資金”
本来の役割であるらしい・・「困っている国や
組織に無利息で、ある時払いの催促なしで
融資、人類社会全体の発展のため役立てる」
へ方針転換を企てることから始まる大騒動だ。

有りもしない”富”を流通させ
 奪い合えと命じるのが
」ルール。

欧米が生み出したこのルールに
日本も便乗、結果として国家を
破滅させてしまった、という反省から
慎吾のジーちゃんは金塊を奪取。
アメリカでも日本政府でもない
第三勢力として、”M資金”という存在を確立。
人類を発展させるため
貧乏(だが志を持った)人たちを
応援する資金にした。
それは戦後日本を復興させる原動力とも
なったのだが、何時の間にかマネーゲームの
原資に変わってしまった。

そんな風潮に孫の慎吾ちゃんは憤り、
更に「分かち合う」という新資本主義を
目指すまでに理想を進める。
しかしそうなると資本主義の恩恵を
最も受けているアメリカの親分さんが
黙っているはずないわけで、で・・。

なお”M資金”のMは
GHQのマーカス少将から採られたというのが
通説だが、慎吾ちゃんは
マンカインド=人類のMなんだと力説する。

あらゆるところに”才能は”眠っている

慎吾ちゃんの部下で、主人公の佐藤浩市を
助ける男(敵かな?味方かな?的ポジション)
セキ(演:森山未來)という男。
カペラ共和国(架空)なる東南アジア最貧国出身。
慎吾ちゃんは若い頃、オヤジと対立して出奔。
世界中をバックパックしていた時に、この国を
訪問、戦争孤児だった彼と知り合う。

セキは6ヶ国語を話し、格闘術にも精通。
経済学にも明るくその気になれば博士号を
取れるスーパーな野郎。
セキのように、生まれた国なぞ関係なく、
相応の教育と情報を与えればスーパー人間に
なれる素質の人はどこにでもいる。
それは国家も同じことで、本来”M資金”は
そういった境遇にあるものをバックアップする
為にあるんだと、慎吾ちゃんは目覚めた。

人を互いに競わせ
 数字だけの成長を強いる

慎吾ちゃん、演技は頑張ってるんだけれどな。

世界中の投機筋≒報道機関の目を
「カペラ共和国」に向けるため、いきなり
株価操作を始める佐藤浩市たち。
いくら劇上でスーパーなキャラといっても
世界的には無名で、カペラ共和国の公務員でも
議員でもないセキが、何故か国連で代表演説
することになる。

物語後半はセキの国連演説をめざす主人公側と
阻止しようとする謎の一派とのドタバタが続く。
(この辺、Zガンダムの
 ダカール・シャア演説を巡る
 よく解からないゴタゴタに似ている。
 あれも観客そっちのけで、登場人物だけが
 演説を実現できないと地球が滅ぶ・・
 それくらいの深刻さでドタバタやってた。
 作者、ガンダム大好きだからなあ)

結局、セキは国連会議場の演台に立つが
はじめからセキの話を聞こうともせず
退席し始める大国代表たち。

ここにも実は敵の手が回っていて
大国の代表は事前に裏でイロイロゆすられたり
買収されており、積極的に退場する。
ところが発展途上国の代表はそういった
力が及んでいないから、退席しないのだった
(はじめから闇の勢力の相手にされていない)

主人公側も手をこまねいていたわけじゃない。
M資金にモノを言わせ、事前にカペラ国民に
大量のカメラ付き端末(PDA)をバラマキ、
彼らがとった他愛もない写真を
会議場のプロジェクターに映す。
自国民の笑顔あふれる写真を前に演説をぶつセキ。
それだけで何故か自席に戻ってきてしまう
代表たち。拍手喝采。

「世界人口の7割は電話もかけたことがない」
「すばらしいでしょ?ついこの間まで
 電話をかけることも知らなかった国民に
 情報革命を起こすこともできるんです!
 このお金(M資金)には!!」

つまり、M資金は実在する、が一部金持たちの
マネーゲームの原資に堕するくらいなら
可能性を持つ発展途上国に投資すべきだ!
・・といいたいらしい。セキや福井さんたちは。

え?これで終わり?この映画のオチってコレ?

謎の女(一応ヒロインらしい)に観月ありさ。
そもそも出演の意図も行動原理すら謎の女だけど
(元慎吾ちゃんの彼女らしく、それでいながら
 防衛省情報局(DAIS)諸属という)  

彼女が所属する防衛省情報局は
今回、この映画に堂々とは出てこないが
作者(福井氏)の作品世界に共通して出てくる
架空の組織で、亡国のイージスでも出てくる。
そこの局長役として佐藤浩市が出演しており
また、内閣情報調査室(内調)お偉方として
岸部一徳も出演している。
せっかく共通の世界観なんだから
役者も共通にしておけばいいのに。
もっとも、彼らをこの配役にすると
今回はカメオ出演並みに顔を出さなくなってしまう。
というよりも、主役やる人が
いなくなっちゃいますがね。

殺し屋エンドーがカッコいいけど気持ち悪い。
(このひとも先祖代々殺し屋であるらしく
 1945年の先代はトヨエツが演じてるのに
 出演は最初の数分だけ。現代のエンドーを
 トヨエツにやらせれば良かったのに。)


小説は映画と別でまだまだ
続くようです・・。

人類資金

監督:阪本順治
脚本:福井晴敏・阪本順治

原作:福井晴敏
製作:「人類資金」製作委員会

出演者:
佐藤浩市
香取慎吾
森山未來
観月ありさ
石橋蓮司
豊川悦司
寺島進
三浦誠己
岸部一徳
オダギリジョー
ユ・ジテ
ヴィンセント・ギャロ
仲代達矢

音楽:安川午朗
撮影:笠松則通
編集:早野亮

製作会社:КИНОキノフィルムズ

配給:松竹
公開:2013年10月19日
上映時間:140分
製作国:日本

************************
管理人モチーベーション維持のため
クリックしていただけますと助かります!
  ↓ ↓ ↓
e8c67347.gif
posted by PON at 21:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(サ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月18日

スーダラ節 わかっちゃいるけどやめられねえ

「スーダラ節 わかっちゃいるけどやめられねえ」

日本映画専門チャンネルで放映。
(もう半年以上前の話)
クレージーキャッツを通して
当時のサラリーマン文化、世相を見たいという
多少、ひねくれた観劇理由。
わかっちゃいるけどやめられねえ。

あらすぢ
新入社員の第一歩を踏み出した石橋と梅田は、
五人の同僚と一緒に中村課長の下に配属され
こき使われることになった。仕事は忙しいし
どなられ通しだが、少しは良い事がないでもない。
それは女子社員に大いにもてることだ。
だが、石橋君、小森君始め七人の新入社員に
とって、それにうつつを抜かしていられない
大事件が持ち上った。三ヵ月後に社長と社長令嬢が
渡米することになり、二人の随員が七人の中から
選抜されることに。つかめ出世の糸口・・。

************************

原作は青島幸男とあるが、おそらく
この映画原作ではなく、題の「スーダラ節」の
作詞者だからのクレジットなんじゃないかな。
この辺未確認ですが、どーもすんません。

でも「スーダラ節」って
1)ハシゴ酒でベンチ就寝
2)馬で金もうけした奴はいない
3)女にフラれた
しか歌っていないので
この映画の内容にはあんまりフィットしてない。
「歌」にかこつけて「サラリーマン喜劇」を
作りたかっただけなのかもしれない。

ハナ肇ばっかりで、植木等があんまり出てこない。
開幕冒頭、登場するにはするのだが
なんかマジメに世相を語りだす植木等。
話のあと、ちゃぶ台ひっくり返すかのように
植木笑いでも見せてくれるのかと思えば・・
そんなこともない。
ドリフ大爆笑でいかりや長介が、コントで笑いを
取るためか、司会進行は至極マジメな
進行だったのと似たような感じ。

ゴジラ映画見に行ったのに
モスラばっかで場をつないでいるみたいで
クレージーキャッツの他のメンバーも
終盤になって、物語で必要性ゼロの
謎のよっぱらい集団として
やっと勢ぞろいする体たらく。
”大人の事情”でサービス出演ってのが真相なのか。

観客としてはやっぱ”クレージー=植木等”の歌を
期待して映画館に来るわけですが、
そんな事は華麗にスルーされて
しばらくは若手俳優「川崎敬三」「川口浩」の
初々しい?演技を見せられることになります。

そのダブル主人公。一方は
「そーなんですよ川崎さん」の川崎敬三
彼の一族はなんと”水上生活者
一族の期待を一身に背負い、大学を出て
一流企業へ就職した男。
それにしても”水上生活者”・・
今では絶対使えない設定だ。
1960年代にはまだまだ居たんだな。


もう一方が川口浩。貧農の出の彼も
大学の学費をまかなうため、家族は虎の子の
田畑を売ってしまう。こちらも一族の
希望の星なんで、上京時には皆さんでお見送り。
親戚のおばちゃんなんか開口一番。

「早くうんと出世して、お前の学費のために
 売りとばした田んぼを買い戻しておくれ!
お・・重過ぎる。

しかも彼、背広が買えなかったんで
入社式に詰襟学生服で出席です。
時代なんだなあ。
そんな彼なのに物語終盤に
奥さんこそ会社で見つけたものの
「出世より夢を追うんだ」とかで退社する。
(その結果が水曜スペシャルなんですね)

以下はWiki先生より。
「スーダラ節」が大ヒットしたことを受け
当の植木等は

「こんな歌がヒットするようでは悲しいなぁ」
「冗談じゃない」
「こんなのがヒットするってことは、俺が考えてる日本と
 本物の日本は違うものなのか」
と思い悩んでいたんだとか・・。



ところで・・
「PON君、古い映画ばっかり観過ぎ。
 文化的にドンドン置いて行かれるよ」
と妻が言うため
「オレだって新しい映画だって観るよ」
と2019年のLAが舞台の映画
「ブレードランナーディレクターズカット版」
を観はじめたら、呆れてしまったのか
向こうへ行ってしまいました。



スーダラ節 わかっちゃいるけどやめられねえ
スタッフ
監督:弓削太郎
脚色:高橋二三
原作:青島幸男
企画:竹谷豊一郎
撮影:石田博

キャスト
川口浩:石橋信一
川崎敬三:夢田春夫
藤原礼子:荒牧しのぶ
ハナ肇:中村渉外課長
目黒幸子:松子

製作年:1962年
製作国:日本
配給:大映

************************
管理人モチーベーション維持のため
クリックしていただけますと助かります!
  ↓ ↓ ↓
e8c67347.gif
posted by PON at 21:00| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(サ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月09日

地獄でなぜ悪い

「地獄でなぜ悪い」

TSUTAYAでレンタル。

第70回ヴェネツィア国際映画祭
オリゾンティ部門で公式上映され、
上映後は約1200人の観客から
7分間のスタンディングオベーションを
送られた。

う・・うーーん。
こんな映画に?7分間も?
スタンディングオベーション??

あらすぢ
極道・武藤組の組長・武藤大三は、
服役中の妻・しずえの夢でもあった、
娘のミツコを主演にした映画製作を決意する。
映画の神様を信じるうだつのあがらない
映画青年・平田純と、通りすがりの普通の
青年・橋本公次を監督に、スタッフや
キャストは全員自分の子分のヤクザで
構成した。さらに、武藤組と対立する
池上組の組長で、ミツコに恋心を抱く
池上純と池上組全体を巻き込んで、
事態はとんでもない方向に進んでいくのであった。

************************

先日、先行で記事にしましたけれど
やっぱ
「♪全力歯ぎしりレッツゴー」
外せないか。

あの劇中CMは、ヤクザの娘ミツコが
10歳(演:原菜乃華)時の
センセーショナルデビューCMという設定。
これから更に芸能界で飛躍する、って時に
父の武藤組が池上組の襲撃にあう。
留守番していた武藤組長の妻(演:友近)は
これをひとりで撃退するが刑務所入り。
娘の芸能人生命も絶たれてしまった。

それから10年。
・芸能人という夢を壊され
 人生をこじらせてしまった娘、ミツコ
(演:二階堂ふみ
→たまーにタモリ倶楽部に出ている、
 それ程気になる女優じゃなかったが
 結構魅力的じゃないですか、この映画じゃ。
・出所が近い妻に娘主演映画を見せてやりたい
 と願う組長(演:國村隼
→コワモテヤクザ役を演じてくれる人も
 もはやこの人くらいになってしまった。 
・武藤組襲撃時に偶然出会った
 ミツコに惚れてしまった池上組組長
(演:堤真一
→相変わらず楽しそうに仕事されててグウ。
・知識は膨大だが一本も映画を撮ったことがない
 映画バカ(演:長谷川博己
→かつての監督自身と思われ。
・ただ巻き込まれた若者(演:星野源
→星野って、このヒトなんなの?

とかいった10年前から因縁の面々が
融合した時、画面がサクレツする。

とにかくあきれた。
最後は画面真っ赤っか。お口アングリ。
よく商業ベースでつくったな。
和製キルビルといえば聞こえはいいかも知れないが。

クリエイティブな世界に生きる人は
やっぱどこかオカシイのかもしれない。
ある意味”地獄”であって
地獄でなぜ悪い、と居直るほかないのか。



まあ〜、一般受けはしないわな。
もうこの人の映画は観ない。

キャスト
武藤大三:國村隼
池上純:堤真一
武藤ミツコ:二階堂ふみ(現在)/原菜乃華(10歳)
武藤しずえ:友近
平田純:長谷川博己(現在)/中山龍也(高校時代)
橋本公次:星野源(現在)/伊藤凌(高校時代)
谷川カメラマン:春木美香(現在)/青木美香(高校時代)
御木カメラマン:石井勇気(現在)/小川光樹(高校時代)
佐々木鋭:坂口拓(現在)/中田晴大(高校時代)
木村刑事:渡辺哲
田中刑事:尾上寛之
オマワリ:水道橋博士
鈴木剛:山中アラタ
松野拓行:市オオミヤ
真田龍太:本城丸裕
正造:菊池英之
みつる:仁村俊祐
吉田國広:土平ドンペイ
ロッコ:橋本まつり
サッチ:皆川尚義
正太:清水智史
千葉義紀:山本亨
小室哲夫:野中隆光
飯塚信弘:中泉英雄
住田:諏訪太朗
ヒットマン:北村昭博
夕暮太郎:児玉拓郎
増田:板尾創路
佐藤:裴ジョンミョン
木下プロデューサー:石丸謙二郎
店主:でんでん
映写技師の小野さん:ミッキー・カーチス
モギリの大谷さん:江波杏子
吉村みつお:永岡佑
ジュンコ:神楽坂恵
マサコ:岩井志麻子
池上の女:つぐみ
ヨシコ:成海璃子
マスター:深水元基
ウエイトレス:ぼくもとさきこ

スタッフ
監督・脚本・音楽:園子温
音楽:井内啓二
撮影:山本英夫
編集:伊藤潤一
配給:キングレコード、ティ・ジョイ
製作:「地獄でなぜ悪い」製作委員会
(キングレコード、ケー・エイチ・キャピタル、
 BizAsset、ティ・ジョイ、ガンジス)

************************
管理人モチーベーション維持のため
クリックしていただけますと助かります!
  ↓ ↓ ↓
e8c67347.gif
posted by PON at 21:30| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(サ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月24日

サイレントワールド2011

「サイレントワールド2011」

また観ちゃったよ。西暦災害シリーズ。

西暦災害系は大きく分けて
隕石が落ちてくる話”アルマゲドン”系と
地球寒冷化話”デイアフタートゥモロー”系に
分類できたりします。
アルマゲドンもブルースウィルス版以来
自称後継者映画が脈々と続いているけど
この作品は地球寒冷化話ね。

ひとつ言わせてもらえば・・
西暦ついている作品に名作なし!

あらすぢ
オゾン層破壊により氷河期に突入した
地球を救うべく立ちあがった男の戦いを
描いたパニック映画。オーストラリア沖で
気象観測船が遭難し、乗組員たちが
凍結遺体となって発見された。調査に
乗り出した気象学者ジャックは、
オゾン層に入った亀裂からマイナス70度の
超低温大気が地表に降り注いでいることを
突き止める。亀裂が世界各地に拡がっていく
中、オゾン層でミサイルを爆発させることで
亀裂を修復する作戦が実行に移されるが……。

************************

”極悪寒冷前線”がやってきた!
地球(というかオーストラリア)が大ピンチ!
以上、そんな映画。

やさぐれ気象学者が親友の異常な死に方に
ホンキを出し、取り合えず家族を守るために
奮戦します。
今回の地球の危機は大気汚染によるオゾン層破壊。
それが限界に達して「中間層」とかいう
上空の寒いところから、これまた極寒空気が
吹き降りて寒冷前線化したものであるらしい。

(オゾンホールはもはや一般人でもナジミだが・・
 オゾン層が地表を守っているのは
 極寒空気じゃなくて紫外線じゃないのか??)

名前の通り”前線”なんで
極寒空気の”壁”がだんだん迫ってくる仕組。
壁に触れるそばから万物は凍り付く。
バナナで釘が打てます。
なお主人公の親友も乗ってた気象調査船が
前線と交差した瞬間、フリーズドライで
お亡くなりになった模様。
ビジュアルでもわかりやすい。

で、しばらくは助かった死んだ
凍った、凍らなかったと大騒ぎが続き
オーストラリア海岸線一帯で
寒冷前線と人間の命がけの鬼ごっこが続きます。
とりあえず”火”のある所とか
発電機を独自に設置している公共施設なんかに
逃げ込めれば吉。止まっている車の中はNGです。
そのまま走って逃げるなら吉ですが。
でもこの安全地帯ルールも例外有りまくりで・・
米軍空母が凍り付いてしまうってのはどうなの?
空母の原子力の火って
主人公の家族が籠る暖炉の火に負けてしまうの?

主人公は疎まれている上司(彼は米本土に
居るのであまり危機感がなく、かなりの温度差)
に事態の収拾方法を進言しますが
「あー判った。でもこっちでも専門家対策
 チームが、よろしくやってるから
 お前が心配することじゃない」
と電話を切られてしまう始末。
上司との関係は常に良好にしておきましょう。

で上司チームが考えていた案てのが
”オゾン穴に化学的ナントカをバラマキ、
 ミサイルを撃ちこんで発散、穴をふさぐ”作戦。
もちろん失敗、穴が世界的に分散して大惨事。

主人公イチオシの案も
”オゾン穴に化学的ナントカをバラマキ、
 ミサイルを撃ちこんで雷を発生、穴をふさぐ”
というもの。

もうこの辺テキトーに観てたんで
細かな(聞いたところでどうせしょーもない)
理屈は覚えてませんが
違いは”雷”は発生させるところかな。

で、仕方ないんで主人公案はオーストラリアの
ローカルPC環境で軌道計算やら
チマチマと行っているため遅々として進まず、
そのうち、協力してくれてる同僚が病気でぶっ倒れ
主人公自らが、なんと薬を求めて凍った街へ。
そんなことやってる場合か?

以後、そんなぼんくら主人公の代わりに
流れで引き継ぐことになった娘さんが
膨大なシミュレート資料を
アメリカ本土にデータ転送しようと苦戦したり・・
(とんでもなく”ザル”な主人公側)と
あらゆる障害が主人公の行く末を適度に邪魔します。

あとは・・もういいですよね。
主人公案で地球環境も家庭争議も解決しました。
ちゃんちゃん。
もう二度と観ません。



監督:ブライアン・トレンチャード・スミス
製作:ステファン・ウォドスラフスキー
   ジーナ・ブラック
脚本:ジェイソン・ボルク
撮影:マーク・ウィンドン
音楽:マリオ・セヴィニー
出演:マイケル・シャンクス
   アレクサンドラ・デイヴィス
   ブルース・デイビソン
   インディアナ・エヴァンズ

************************
管理人モチーベーション維持のため
クリックしていただけますと助かります!
  ↓ ↓ ↓
e8c67347.gif
posted by PON at 21:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(サ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月20日

白雪姫と鏡の女王

「白雪姫と鏡の女王」

MIRROR MIRROR (白雪姫と鏡の女王)(2012)

CSムービープラスで放映。
白雪姫を現代風にアレンジした映画だが
そんなコンセプトを持つ映画はコレばかりでなく
たとえば「snow white(2012) 」ってのも
有った気がする。
今回の「白雪姫と鏡の女王」は
有名な人(ジュリア・ロバーツ)が出ているんで
それなりに観られる映画なんじゃあるまいか?
そんな軽い気持ちで観劇してみやした。

名のある俳優が出ているからという理由で
観てみた映画に大激怒、なーんて経験
これまでもたくさんあるんですけども。
懲りないですな俺。

あらすぢ
幼くして国王である父を亡くしてしまい
強欲な継母である女王によってお城に
幽閉されながら育った白雪姫は次第に
外の世界に憧れを抱いていった。
ある夜、お城で開催された仮面舞踏会に
紛れ込んだ白雪姫はかつて森で出会った
他国の王子アルコットと再会する。
共に惹かれ合う二人であったが・・。

************************

やっぱ童話の映画化は
ディズニー
の方がお手のもんだね。
なんだかんだ言って洋の東西、老若男女問わず
安定して楽しめる映画ができる。
最後にはすぐ忘れてしまうような内容でも。

白雪姫のお城は
湖に突き出した岬の上に作られているのだが
これがまあ・・ちゃちぃ(笑)
ちゃちすぎ。
いったい国民はどこに住んでいるのだろう?

白雪姫を演じるはリリー・コリンズさん(25)
眉毛が太いが美人。
剃らない自然な眉毛だったらあんなもんか。
(画像検索したら、そもそもリリー・コリンズの
 素の眉毛がキリっと元気だった)

18才まで引き籠りだった白雪姫
そら肌だって白いわ〜。

ジュリア・ロバーツ演じる悪の継母女王が言う。
負けを知ることも大事よ
このセリフが後に自分に返ってくる。

白馬の王子、アルコット王子
(演:アーミー・ハマー)
出自と人柄は悪くないようなのだが
いまひとつ頼りない男。
特に口の割に戦闘力が今一歩。

原作童話での”七人の小人”は
ディズニーでもおなじみだがドワーフ種族で
ドワーフの得意ワザ、地下で宝石を
掘るのがお仕事。
ところがこの映画の小人どもの商売は山賊。
森に侵入してきた主に金持ちから収奪する。
あんな、ちんちくりんの身長だと
戦闘力にギモンフがつきそうだが心配無用。

彼らは不思議なテクノロジーを持っており
森の木々にワイヤーロープを渡し
進撃の巨人の主人公たちのような
立体機動戦闘が可能。
また、瞬時に展開する竹馬を足に装備。
身長面のハンデを克服、接近戦にも対応。

映画冒頭、アルコット王子も小人たちに
散々な目に合うのだが、この小人たちの持つ
ゲリラ戦法が、後に白雪姫を
実戦的な戦士(なんだそりゃ)へ
仕立て上げ、ひいては王国の革命に
貢献するのだ。

王子が継母女王謁見時のカット切り替えが素敵。
映画的におもしろいビジュアルだった。

それなりにおもしろかったけど
ディズニー作品ほどではない。
半端に雰囲気が暗く半端に真面目。



白雪姫と鏡の女王
Mirror Mirror

監督:ターセム・シン
脚本:マーク・クライン
ジェイソン・ケラー

原案:メリッサ・ワラック
原作:グリム兄弟『白雪姫』
製作:ライアン・カヴァノー
バーニー・ゴールドマン
ブレット・ラトナー
ケヴィン・ミッシャー

出演者:
邪悪な女王 - ジュリア・ロバーツ
白雪姫 - リリー・コリンズ
アルコット王子 - アーミー・ハマー
ブライトン(女王の側近) - ネイサン・レイン
ベイカー・マーガレット(白雪姫の侍女)
- メア・ウィニンガム
7人の小人
ナポレオン - ジョーダン・プレンティス
ハーフ・パイント - マーク・ポヴィネッリ
グラブ - ジョー・ノッフォ
グリム - ダニー・ウッドバーン
ウルフ - セバスチャン・サラセーノ
ブッチャー - マーティン・クレバ
チャック - ロナルド・リー・クラーク

男爵 - マイケル・ラーナー
王様 - ショーン・ビーン

音楽:アラン・メンケン
撮影:ブレンダン・ガルビン
編集:ロバート・ダフィー
ニック・ムーア

製作会社:レラティビティ・メディア
配給:ギャガ

公開:日本 2012年9月14日
上映時間:106分
製作国:アメリカ

************************
管理人モチーベーション維持のため
クリックしていただけますと助かります!
  ↓ ↓ ↓
e8c67347.gif
posted by PON at 21:38| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(サ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月19日

シェフ! 三ツ星レストランの舞台裏へようこそ

「シェフ! 三ツ星レストランの舞台裏へようこそ」

久々のTSUTAYAレンタル。
しかも相方セレクト。さもありなん。

この手の映画を観ると金がかかってしまう。
どうしてもおフランス料理が
食べたくなってしまうからだ。

あらすぢ
問題だらけの寄せ集めシェフたちが、高級三ツ星
レストランを守るため奮闘する姿を描いた
コメディドラマ。20年間にわたり三ツ星評価を
守り続けてきたパリの高級レストラン
「カルゴ・ラガルド」は、厨房の要たる
ベテランシェフのアレクサンドルがスランプに
陥ってしまい、危機を迎えていた。次の品評会が
迫るなか、新メニューが浮かばないアレクサンドルは、
天才的な舌をもつ若手シェフのジャッキー・ボノに
出会う。生意気な性格のためいくつものレストランを
クビになり、老人ホームでペンキ塗りをしていた
ジャッキー・ボノと、老人ホームの厨房で働いていた
素人シェフも仲間に加わり、アレクサンドルらは
カルゴ・ラガルドを守るため立ち上がる。

************************

主人公は味覚も腕も確かで、料理の知識も
持ち合わせているものの、コミュ力が
決定的に不足しており
(要するに単なる料理オタク)
調理人として出世できず、自分を
理解してくれない世間へ不満だけが蓄積していった。

あらすぢにある通り、ジャン・レノ演じる
天才三ツ星シェフがスランプに陥る。
これまでの看板と経験で低空安定飛行を
続けるジャン・レノ。冒険をしなくなって
手抜きの多いルーチンワークが続く。
若い頃はガッツと家族を犠牲にし
仕事一筋でここまでの地位に上りつめた彼だった。
そんな彼に厳しい意見をする者などいる
筈もなかったのだが・・。
意見するだけは一人前の主人公はそれを
見逃さなかった。

その二人が刺激し合って、実情は落ち目に
なっていたジャン・レノのレストラン
「カルゴ・ラガルド」を立ち直らせてゆく話。

レストラン「カルゴ・ラガルド」が傾いてゆく
過程にて、ジャン・レノが一番弟子だと
思っていたナンバーツーの料理人が、
高い給料で別支店のシェフに転身するシーンがある。
ナンバーツーがジャン・レノを裏切ってまで
新しい店でやりたかったことは
フランス料理界は古すぎる。
これからは新しい風をどんどん取り入れた
新フランス料理「分子料理」で勝負する
ことだった。

「分子料理」って何?ホントにあるの?
フラスコとビーカーなんかを使った
調理というよりは理科の実験といった感じの
皿が出てくる。映画じゃ極端に描かれていて
グリーンの蛍光色が鮮やかすぎ。

アサヒの記事だけど
「料理と科学が出会う時」より。
ホントに存在してます。


レストラン「カルゴ・ラガルド」の経営は
先代社長が担当、現場監督がジャン・レノだったが
先代がアホボンボンに経営を引き継ぐにあたり
ボンボンは古臭い頑固職人のジャン・レノを嫌い
将来的には自分のレストラングループから
ジャンレノを追い出し、分子料理で勝負する野望を
持ってた。

そこで主人公側は分子料理の新店を
偵察(実質ぶち壊)すべく、ジャン・レノと主人公が
なぜか日本人外交官夫婦に変装して潜入する。
なにやってんだ仮にも三ツ星シェフが!と
思わんでもないが、基本的にはこの映画
コメディーなんでまあいいです。

旦那は下駄ばき、奥さんゲーシャ。
「ドモドモ」
「ドモアリガトゴジーマス」

かなり日本人のことをおちょくっている
描写が目立つ。
ジャン・レノは比較的日本になじみのある
フランス俳優だけれど
ああいう描写に異議を唱えないあたり
典型的なフランス人メンタリティーの持ち主で
本人はさほど親日というか、日本文化に
コダワリがあるようには思えないな。

とはいえ、どこかの南朝鮮のように
目くじら立てるつもりは皆目ありません。
・・日本人を舐めすぎに思うぞw



まあギャガ配給だからな。

スタッフ
監督:ダニエル・コーエン
脚本:ダニエル・コーエン

キャスト
ジャン・レノ:アレクサンドル・ラガルド
ミカエル・ユーン:ジャッキー・ボノ

原題:Comme un chef
製作年:2012年
製作国:フランス・スペイン合作
上映時間:85分
配給:ギャガ

************************
管理人モチーベーション維持のため
クリックしていただけますと助かります!
  ↓ ↓ ↓
e8c67347.gif
posted by PON at 21:00| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(サ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月15日

ジェネラルルージュの凱旋(映画版)

「ジェネラルルージュの凱旋(映画版)」

NHKBSプレミアムで放映。

佐藤ちゃんに一つだけ言っておく
 上に立つものは
 ワガママでなければならない


”佐藤ちゃん”とは
ジェネラルルージュと畏怖される
救急医師のエース”速水”(演:堺雅人)の
部下兼弟子の医師(演:山本太郎)のこと。

”佐藤ちゃん”の実社会での
迷活躍ぶりについては、この際
ここでは置いておくとして・・。

堺雅人はこう続ける
指揮官は時に人でなしでなければならない

あらすぢ
“チーム・バチスタ事件”を解決に導いた
(と思われている)東城大学付属病院の
窓際医師・不定愁訴外来の田口公子(竹内結子)
は、院内における諸問題を扱う倫理委員会の
委員長に図らずも任命された。ある日、そんな
彼女の元に一通の告発文書が届く。その内容は
「救命救急の速水晃一センター長(堺雅人)は
医療メーカーと癒着しており、花房看護師長
(羽田美智子)は共犯だ」というものだった。
速水は“ジェネラル・ルージュ(血まみれ将軍)”
の異名を持つ男で、切れ者だが冷淡で非情な
彼にはよからぬ噂も多かった。速水が主張する
ドクターヘリの導入も、それが何かしら彼の利益
になるからだという者もいるくらいだ。
そんな中、告発された医療メーカーの支店長・
磯辺が院内で自殺・・。

************************

この頃はもう”堺雅人”づいていたんで
(もちろん、半沢直樹っすよ〜)
思わず観劇。

冒頭に記述した
「指揮官は時に人でなし・・」のくだりに
山本太郎医師
「部下に恨まれてもですか?」と返す

速水=堺雅人は
「それで助かる命がひとつでも
 増えるのならばな・・」



ありきたりなセリフだけど
やっぱカッコいいじゃん!堺雅人氏。

今度は大河ドラマで”真田幸村”を
演じるそうであるが・・なんか微妙に
ミスマッチ感が漂うのだけれども
彼が一体どのような”幸村”を演じるのか
それはそれで楽しみな気もする。



堺医師のチュッパチャプスが
後ほどエライことに・・・。



ジェネラル・ルージュの凱旋
The Triumphant General Rouge

監督:中村義洋
脚本:斉藤ひろし/中村義洋
原作:海堂尊
製作:佐倉寛二郎/山内章弘/佐藤毅
製作総指揮:間瀬泰宏

出演者:
田口公子 - 竹内結子
白鳥圭輔 - 阿部寛
速水晃一 - 堺雅人
花房美和 - 羽田美智子
佐藤拓馬 - 山本太郎
沼田利博 - 高嶋政伸
三船啓二 - 尾美としのり
如月翔子 - 貫地谷しほり
磯部信也 - 正名僕蔵
小峰小太郎 - 林泰文
川村明 - 中林大樹
二宮直行 - 大塚幸汰
山本(リハビリ担当) - 長江英和

井川 - 並樹史朗
中島 - 岡安泰樹
市川(田口の患者)- 河原さぶ
江波(田口の患者)- 山田スミ子
亜希子(自殺願望の患者) - 黒瀬真奈美
サラリーマン風の男 - 中村有志
野村勝 - 伊藤正之
庄司(田口の患者)- 市野世龍
病院事務スタッフ - 根本美緒
三船の妻 - 古川りか
三船の娘 - 朝田帆香
事故現場のレポーター(声)
- 堀井美香(TBSアナウンサー)
事故現場のレポーター
- 吉井歌奈子
村上教授 - 加藤雄二
女性患者 - 大島久枝
五十嵐教授 - 天田将行

垣谷雄次 - 佐野史郎
酒井利樹 - 玉山鉄二
藤原真琴 - 野際陽子
黒崎誠一郎 - 平泉成
高階権太 - 國村隼

音楽:佐藤直紀
主題歌:EXILE 「僕へ」
撮影:佐々木原保志
編集:阿部亙英

製作会社:
映画「ジェネラル・ルージュの凱旋」製作委員会

配給:東宝
公開:2009年3月7日
上映時間:123分

************************
管理人モチーベーション維持のため
クリックしていただけますと助かります!
  ↓ ↓ ↓
e8c67347.gif
posted by PON at 21:50| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(サ行) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする