2006年04月19日

我が思い出の新宿 その3

新宿の思い出話、続きます。

本屋で長い事働いていますと
いろんな事(人物)に遭遇するもんです。
本屋に付き物
「立ち読み」

コレにつきましてはまあ特に
文句言うことはありません。
あの頃とは立場が違う現在、PONも
各本屋さんにご迷惑をかけている1人で
今でもPONの好きな
レジャーのひとつです。

私が働いていた本屋は
立ち読みには比較的寛容で
普段はなーーんも注意しないのですが
ただ、レジ前だけは店舗の構造上
レジ待ちのお客さんが並びたくても
ザッシ立ち読みの集団に阻まれる

レイアウトになってしまいまして、
定期的に「立ち読み客にどいていただくよう」
声かけを日課としておりました。

PONが就業してすぐの頃のこと。
いつものように店長が立ち読み客に注意・・
と言うよりも特に誰に向かってという訳でもなく
あえて言うなら「空」に向かって
「えーー、レジ廻りにての
 立ち読みはご遠慮願います〜」

さらっと声をかけ、別業務に入るべく
背を向けたそのとき

「ちょっと待ちたまえ!!」

店&P「??」
振り向くと、60前後の見栄えはパリッとした
おっさんが怖い顔でレジをにらんでいます。
見た目からすると、弁護士とか「士」系のお仕事
もしくは上場企業の顧問とかそんな感じ。

客「君、今なんて言った?」
店「はい、立ち読みはご遠慮いただきたい・・と」
客「私の読んでいるモノを見たまえ!

  これはザッシだ。

  立ち読みとは、ほれ、ここにある
  こういうハードカバー本のように
  読まれては困る本を言うのだ!」


店&皆「????????」
客「従って、私は立ち読みなどしていない!
  決め付けるとは無礼だぞ、謝りたまえ!」

店長は謝りました。
お客様は神様ですから。
というより触らぬバカに崇り無しですから。
お客様は大変満足なさって
帰っておいでになりました。

新宿で学んだPONの個人的経験則ですが
大手企業、医者、「士」系職業に
そういう困った奴が多いです。
殊に
新宿はバカを集める、特殊な力場がある気がします。

彼が読んでいた雑誌ですか?
もうあんまり覚えていませんが
「週刊賃貸」とか不動産系の
ザッシだったような。
これこそ読まれたら困るよね??

************************
このブログ存続のために
クリックをお願いします!
人気blogランキングへ


posted by PON at 22:50| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 想ひ出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月15日

我が思い出の新宿 その2

本屋でバイト中の
新宿の思い出話、続きです。

Ω真理教の教祖がつかまった頃?の話
「残存兵力が新宿で
 イタチの最後っ屁テロを行う!
 決行日は×月○日」

なんて噂が真しやかに流れたことがございまして。

どのように「リアル」だったかというと・・

街中でたまたま親切にした人が実は信者で
「あなたはいい人だから、特別に教えますが
 ×月○日は新宿に近寄らないほうがいいですよ」

というひと言を残していった・・

そんな噂があった位ですから。

いろんな理由をつけて、何人かのバイトも
その日だけピンポイントでお休みでした。
必然的に終日(開店から閉店まで)出勤になります。
自分もバイトでしたがPONは
殊更、休む理由を見つけることができず
というか、我ながら嫌なシュミですが
「ならば行ってみようじゃんか」
という反抗心がむくむくと。

悲壮な決意で新宿に出撃しましたよ。
ええ。

バイトをしに。(笑)

結果はご存知の通り。
なんも起きずに現在に至ります。
本社からFAXが廻ってきまして。
「無用な動揺はするな
 いつも通りに勤務せよ」
なんてね。
いつもと違ったのはそれくらいでしたか。
それと客足が鈍く、気持、暇だった気もします。

ちなみに、先程の噂
「親切にした人が信者だったって話」ですが
後から聞いた話ですと
これは有名なフォークロア(都市伝説)でして

「親切にした人がア×ブのテロリスト」
だった
なんてマイナーチェンジした噂が
我々の前に装いも新たに再登場したりして
時々びっくりさせてくれます。
「噂」ってコワイです。

************************
このブログ存続のために
クリックをお願いします!
人気blogランキングへ
posted by PON at 20:02| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 想ひ出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月19日

1970年代少年

あの頃は大人たちが
子供たちを少しでも喜ばせようと
(子供らを通して、いかに親達から
 お金を巻き上げようかと)
次から次へと「娯楽」を提供していた時代。

「昭和」

「昭和に育った子供達は幸せである
 心、豊かであろうから」

アナゴ君の声で読んでください)

人生ゲーム、自動浮沈・潜水艦プラモデル
地球ゴマ、リリアン、野球盤、ドンジャラ
ホッピング、ウルトラマシーン、ザリガニ釣り
スライム、フラフープ、ルービックキューブ
ハイパーヨーヨー、サッカーゲーム
生き残り頭脳ゲーム、トランシーバー
ジェンガ、ようかいけむり
学研電子ブロック、ゲイラカイト(洋凧)
ミクロマン (MICROMAN)、バンバンボール、
アメリカンクラッカー(カチカチボール)
魚雷戦ゲーム、えんぴつ野球
マジックスネーク(ルービック)
モンチッチ・・


以上の項目うち二つ以上
あなたの心の琴線に触れるようなことが
ありましたらば、下記にご紹介するHPを
見る資格充分です。

今日はすばらしいHPを
ご紹介いたしましょう。
すげえよ!

「おアソビ探偵団」

個人的には
自動浮沈・潜水艦プラモデルの話題に
やられました。
なにせPON軍は
3隻もミッション中に
行方不明にしてますから。
(Uボート*2、イ−401*1)
悲しかったな。
海(川)の勇者達よ。さらば。

他にも
生き残り頭脳ゲームとか。
「生き残り」の「頭脳」のゲームだよ?
企画者はいったい
どういう頭脳しているのでしょう??
「みんなも夢中、
 生き残り頭脳ゲームの面白さ〜」(当時のCM)

ああ魚雷戦ゲームも好きだったな。
そのうち、「船」のコマや「魚雷」代わりの「銀玉」を
失くしてしまうんだよな。
子供だから。
子供ってどうしてあんなにウカツなんでしょ?
だから子供なのか。

**************************
それにしたって
当時の親達も大変だったんだな〜
思ってくれる方は
クリックをお願いします!
人気blogランキングへ

ようかいけむり
posted by PON at 23:20| 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | 想ひ出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月18日

新さくら丸

えー「新さくら丸」です。

いきなりそんなこと言われても
大抵の人は知らないでしょうし
なにそれ?って感じですよね。

PONの大学では3年次のときに
「3大学合同洋上就職セミナー」という
ものがありました。
まあ名前の通りです。船に大学生を詰め込み
各業種(総合商社、大手薬品メーカー、IT企業
大手損保会社、大手銀行などなど)
からそれぞれ1社ずつ企業の担当者
(企業側の人間は人事部長だったり
 女性営業だったり、企業によって様々ですが)
から各業種内部就活戦線状況の説明を受け、
あわよくばその企業とコネを持つ、という
就職率アップを目指し、大学の就職課が
企画したイベントです。
企業側の参加者もどちらかといえば
社務という名の「慰労旅行」的な面も
あったようデス。

もちろん、有料参加だったんですが
ここからしてPONは親不孝だよなあ。
船で海外に出かける経験というのも、なかなか
ないのでPONには忘れられない旅行となりました。
自身の就職にはまったく役に立ちません
(立てなかった?)でしたが。
まじめな奴はやっぱり「企業担当者」に
喰らいついていましたよ。

ま、それはともかく目的地は「グアム
片道が二泊三日でグアムでは一泊二日でまた帰路。
全行程10日間くらいだったと思います。
きょうび片道3時間で行けるグアムに
片道3日ですから、船旅がどんなに
優雅なものであるか。

その足に使われたのがこの「新さくら丸
いやあ。凄かったですよ。船旅。
まず、三食のご飯が全部美味しかった。
洋食、和食に麺類。こってりしたものに飽きたとき
すかさずさっぱりとしたものが出てきたり。
天気が良いときは船外デッキでバイキングとか。
旅行のコーディネーターが
「過去10年間ほど、この旅行をサポートさせて
 頂きましたが、船内食で
 クレームがあったことはありません!

と威張っていたくらいですから。

さくらダイニング.jpg
食堂

もともと「海外見本市船」として作られ
改装を重ねて「庶民的なクルーズシップ」として
頑張っていた船であり、また我々はバカ大学生なので
客室は「十把一絡げ」として二等客室。
ひと部屋に「二段ベッド*4」みたいな世界。
どこかの山小屋か、ユースホステルみたいなものです。
それでも、野郎ばかりで散らかっている
部屋に毎日ベッドメイキングサービスもありました。
(最終日には「あんまり汚すぎてお掃除できませんので
 ベッドメイキングだけとさせていただきます
」と
 女性の文字で書置きまで!)

さくらコ内.jpg
室内

<イベント>
・船長主催のウェルカムパーティー
・海上100Mにそびえる孀婦岩(そうふがん)
・硫黄島近辺を通過する際の洋上慰霊祭
・ブリッジ見学会
・洋上でみた野生のイルカ
・退屈だった「就職活動研修会」
・連夜の大宴会
・船酔い
・赤道祭(赤道を通過する時の馬鹿騒ぎ)と
 各班による演劇
・退屈なんで途中から欠席していた「就職活動研修会」
・一等航海士による星空説明会
・やっぱり船酔い
・グアムに上陸してからもいろんなコト。

この旅行も、ずいぶん前のことなので記憶もあいまい。
しかし自分自身にケリを着けたいので
そのうち旅行記にまとめたいと思っております。
(マスライ上でアップするかは決めてませんが)

「新さくら丸」は
1999年9月28日、2000年より適用される
米国の旅客船新基準に適合できない部分があるため
引退してしまいました。


ちなみにPONが参加したのは1993年でしたか
その翌年からこの企画は無くなってしまいました。
「バブル」の最後の余韻だったのかもしれません。

sakuramaru.gif
今頃はどこを航海しているのかな。

新さくら丸 (商船三井客船)

船籍港 = 大 阪
総トン数 = 17,389,39 トン
全 長 = 175.8メートル
全 幅 = 24.6メートル
吃 水 = 7.9メートル
主機関 = ディーゼル20,600ps×1
コールサイン = ワイバーン JDHY
電 源 = A/C100ボルト 60ヘルツ
船 級 = 国際遠洋 (NK,JG)

**************************
このブログの存続のために
クリックをお願いします!
人気blogランキングへ

続きを読む
posted by PON at 20:50| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 想ひ出 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。